無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第44話

33日目
ー数分後


ようやく火元の理科室の安全確認が取れ、冴島さんと一緒に乗り込む
桜井まゆ
…まだ若い子達ばかりなのに……
中は廊下や学校の外に搬送されている重傷者よりももっと酷く、目もあてられない患者もいた
冴島はるか
冴島はるか
酷いですね……
桜井まゆ
翔北救命センターの桜井です。私の声聞こえますか?!
山崎 凛
山崎 凛
や…まさ……き……りん
桜井まゆ
……っ!私の手、握れますか?
山崎凛、と名乗った女の子は弱々しかったがしっかりと私の手のひらを握った
こんな過酷な場所で生存者がいたこと自体が奇跡に近いのに意識もあればこの子はよっぽどの幸運の持ち主だ
桜井まゆ
良かった……どこか体で痛いところとかありますか?
山崎 凛
山崎 凛
特……には……
桜井まゆ
冴島さん、外にいるレスキュー隊員にこの子の搬送順位を上げるように言ってきてもらえませんか?この子の処置は私1人で大丈夫です
冴島はるか
冴島はるか
分かりました
桜井まゆ
凛さん、ちょっと診察させてもらいますね〜
山崎 凛
山崎 凛
い……い……か…ら…あの子……助け……て
桜井まゆ
あの子?
女の子が震える手で指さした方向にはぐったりとして意識もない女の子が倒れていた
桜井まゆ
ちょっと待ってて下さいね
急いで救急カバンを持ち、その子の元に駆け寄る
桜井まゆ
翔北救命センターの桜井です!私の声、聞こえますか?!聞こえたら手、握って下さいっ
桜井まゆ
瞳孔散大……対光反射が出始めてる…
山崎 凛
山崎 凛
せん……せ……その…子…すくっ……て
桜井まゆ
…凛さん。この状況の中でこの子は既に瞳孔が散大していて対光反射も出始めてます。
……時間的に考えてこの子の生存は…
山崎 凛
山崎 凛
そん……な……
冴島はるか
冴島はるか
桜井先生、外にいるレスキュー隊員にこの子のこと伝えました。すぐに来てくれるはずです
桜井まゆ
…ありがとうございます。凛さん、今から意識はあるけど念の為凛さんを病院に運んで検査します。いいですか?
山崎 凛
山崎 凛
…私……このまま…でいい…です
桜井まゆ
え?
冴島はるか
冴島はるか
凛さん?
山崎 凛
山崎 凛
私の……ことは……たすけ…て、いただかなくて……結構です
桜井まゆ
凛さん、辛い気持ちも分かりますが凛さんだってもしかしたら体の内部で出血が起こってるかもしれないんです。念の為、病院に搬送させて下さい
山崎 凛
山崎 凛
……おねが…い…このまま……死なせて……
桜井まゆ
凛さん?…何か病院に行きたくない理由でもあるんですか?
山崎 凛
山崎 凛
…ご…めんな……さい……
桜井まゆ
え?
山崎 凛
山崎 凛
私………助けてもらう…資格なんか…ないんです
桜井まゆ
どういうことですか…?
山崎 凛
山崎 凛
…ごめん……なさい……私………酷いこと……しちゃった……んです
桜井まゆ
凛さん、落ち着いて下さい。大丈夫ですから
山崎 凛
山崎 凛
……せんせ……はな……しても…いいですか?
桜井まゆ
何?
山崎 凛
山崎 凛
………………この…火事………私が…やったんです
桜井まゆ
……は?
思わず素っ頓狂な声が口から出てしまった
桜井まゆ
凛さん、どういうことですか?
山崎 凛
山崎 凛
……ごめ…なさい……私……懲らしめたか……っただけ……なんです
凛さんは目にいっぱいの涙をため1つ1つ言葉を紡いでいく
山崎 凛
山崎 凛
私…とあの子は……いじ……められて……ました
桜井まゆ
いじめ…?
山崎 凛
山崎 凛
そう……クラスから……いつもいじめられてました…。殴られた…り、蹴られたり……お金をたかられたり…机を校庭に投げ出されたり……
よくあるいじめですけど…いざ受けてみたら本当に……辛かった
山崎 凛
山崎 凛
私達は……辛い思いをこんなにも…してるのに…あの子達だけが…呑気な顔をして生きて行くのを許すことが……出来なかったんです
桜井まゆ
……
山崎 凛
山崎 凛
そんな…時、私と…あの子は…軽い気持ちで……単にいじめっ子達を懲らしめること……が出来れば…いいと思って……油に……火をつけました…
山崎 凛
山崎 凛
本当に……大変なこと……してしまったって思ってます……でも……どうしてもっ!あんな酷いことをした人達が呑気にこの先も暮らしていくのかと…思うと……許すことが出来なかったんですっ
桜井まゆ
……凛さん…
山崎 凛
山崎 凛
……だけど…あの子も死んじゃうなんて……思わなかった……あの子のいない世界なんて……私には無理…です
………せん…せ、私……のこと……ころ……して
桜井まゆ
……え?
山崎 凛
山崎 凛
もう……嫌なんです……この世界に……いたく…ありません……医者……なら人の殺し方なんか……いくらでも……知ってるでしょ……
桜井まゆ
落ち着いて下さい、凛さん。そんなこと出来るはずないじゃないですか。医者は人の命を助けるためにここに来てるんです。凛さんもその中の1人です。絶対に助けます
山崎 凛
山崎 凛
……殺して……よ……
桜井まゆ
凛さん……
山崎 凛
山崎 凛
私の……気持ちになってみてよ…っ!…大切な……友達までも…私の手で…奪っちゃったんで…す
桜井まゆ
人殺しとか被害者とか関係ありません。医者は怪我をして苦しんでいる人達を助けるためにいるんです。だから……そんなこと出来ません
山崎 凛
山崎 凛
……殺して……よっ…!!
桜井まゆ
……凛さん。凛さんはいじめの被害者でもありこの放火の加害者でもあるんです。あなただけが死にたいと思って死ぬことなんか絶対に許しませんし私がそのことに対して手伝うなんてこと絶対にしません
山崎 凛
山崎 凛
……もうほんと……最悪……