無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

10日目
桜井まゆ
橘先生今よろしいですか?
橘啓輔
橘啓輔
ん?なんだ?
桜井まゆ
ここからは駄目元でお話します。紗奈ちゃんの担当医を変えて下さい。紗奈ちゃんの承諾も既にもらっています
橘啓輔
橘啓輔
ちょっと待った!なんで担当医を変えようと思ったのか教えてくれるか?
桜井まゆ
端的に言うと今の担当医の先生があまりにも不親切で紗奈ちゃんのためにならない、と思ったからです。この間急変した時も当直の先生に任せ自分は一度も来なかったそうです。他の救命の先生方も賛成しています
橘啓輔
橘啓輔
なるほどね・・・でも紗奈ちゃんの病気は心臓外科の担当分野だ。救命は手出し出来ない。桜井だって知識は持っていても専門の人と比べたら劣ってる。そうだろ?
桜井まゆ
はい、そこは事実ですから否定しません。私は単に紗奈ちゃんが後少しの時間だからこそ楽しい生活を送れるようにサポートしてあげたいんです
橘啓輔
橘啓輔
今だってサポート出来てると思うけどな、それに担当医なんかになったら紗奈ちゃんがいなくなった時ダメージが強くなるぞ。お前も分かってるだろ?
桜井まゆ
それも分かってるつもりです、紗奈ちゃんがいなくなってしまった時自分は立ち直れるのか不安ですけど・・・でも私は後の心配をするより現在の心配をしてあげて欲しいんです!
橘啓輔
橘啓輔
・・・結論から言うと担当医を変えることは難しい
橘啓輔
橘啓輔
・・・だがサポート役として入ることは出来るかもしれないな
桜井まゆ
え?
橘啓輔
橘啓輔
紗奈ちゃんの心ケアとして携わることは出来るかもしれない。そのぐらいなら上も許してくれるだろ
桜井まゆ
いいんですか?!
橘啓輔
橘啓輔
まぁかけあってみるよ、まだ決まったわけじゃないから紗奈ちゃんにはまだ言うなよ?
桜井まゆ
ありがとうございます!
橘啓輔
橘啓輔
喜ぶのはまだ早いぞ、正式に決まったら紗奈ちゃんとちゃんと喜べ
桜井まゆ
はい!
ー医局
緋山美帆子
緋山美帆子
まゆ、本当に橘先生に直談判するなんて・・・見かけによらず勇気あるね
桜井まゆ
まだ決まったわけじゃないけど、でも正式に治療スタッフの一員になれると思うと嬉しいな・・・
冴島はるか
冴島はるか
紗奈ちゃんも喜ぶでしょうね
白石恵
白石恵
そういえば一時退院の時期はどうする?許可は取れてるしいつでも大丈夫だけど
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、そうだった!出来るだけ早めの方がいいよね?紗奈ちゃんに少しでも家での生活送らせてあげたいし。いいよね?
桜井まゆ
別に構いません
白石恵
白石恵
じゃあ猪越先生にも伝えとく
桜井まゆ
お願いします
ー心外
猪越護
猪越護
柏葉紗奈さんの一時退院・・・ですか?
白石恵
白石恵
はい、許可も取れてます。手続きお願いします
猪越護
猪越護
確かこの子拡張型心筋症でドナー待ちの子ですよね?
白石恵
白石恵
そうです
猪越護
猪越護
・・・もし自宅にいる時に発作が出た場合どうするんですか?
白石恵
白石恵
事前に必要な薬を渡しておくことになっています。もし体調が優れなかったりした場合はすぐに病院に戻ってきてもらうことになっています
猪越護
猪越護
本人が病院に戻ることを頑なに拒否した場合は?
白石恵
白石恵
え?でも紗奈ちゃんは病院にいることが苦痛なような子ではないと思いますが・・・
猪越護
猪越護
いやいや、子供なら誰だって病院嫌いですよ
桜井まゆ
あなたが思っている紗奈ちゃんと実際の紗奈ちゃんは全然違います!
白石恵
白石恵
え?!まゆちゃん?!なんでここに?
猪越護
猪越護
どちら様ですか?
桜井まゆ
初めまして猪越先生、紗奈ちゃんと仲がいい一介のドクターです。後少ししたら紗奈ちゃんの心ケアとして働かせて頂く予定です
猪越護
猪越護
心ケア?そんな話来てましたっけ?
桜井まゆ
橘先生から心臓外科の部長様にもう話は通ってあります。早ければ来週からでも働くことが可能です
猪越護
猪越護
そうです、本題に移りましょう、僕だって時間はないんですから。
・・・僕が思っている紗奈ちゃんとあなたが思っている紗奈ちゃん、どう違うか教えてもらえますか?
桜井まゆ
紗奈ちゃんはとても強い子です。辛いはずの治療を耐えてドナーが来ないことを知った時も笑顔でした、私の感じた印象では人の前で弱い部分をほとんど見せたことがなく、年下の子たちかにも優しく接してあげられる子です。もちろん私がまだ知らない紗奈ちゃんはまだまだあると思います
猪越護
猪越護
なるほどねぇ・・・とりあえず部長に一時退院のこと確認してみます。許可がこちらでも取れ次第紗奈ちゃんを一時退院させますよ、まぁ許可が取れているのなら後戻りは出来ませんしね
桜井まゆ
ありがとうございます、よろしくお願いします
白石恵
白石恵
あ!よろしくお願いします!
ー医局
白石恵
白石恵
まゆちゃん何で心臓外科のフロアになんかいたの?
桜井まゆ
白石先生のことが気になって、どうせ猪越先生のことだから、すんなりと一時退院受け入れてくれるとは思わなかったですし
白石恵
白石恵
それで後をつけてきたってことね、どっちみちにしろありがとね。私一人だったら絶対に許可取れなかったと思う
緋山美帆子
緋山美帆子
これで一時退院も出来るし担当医の件もほとんど解決したと思っていいんじゃない?
桜井まゆ
そうだね・・・後は無事に紗奈ちゃんが家に帰れたら一段落つくわね
冴島はるか
冴島はるか
やっと肩の荷がおりましたか?
桜井まゆ
この仕事を辞める時まで肩の荷がおりることなんかないよ、また次から次へと患者さんは運ばれて来るし患者さん一人一人に一人一人の人生があるんだから
緋山美帆子
緋山美帆子
本当よくやってるよね、うちら
白石恵
白石恵
・・・久々にみんなで飲み行く?
緋山美帆子
緋山美帆子
白石から誘うなんて珍しいじゃん
藤川一男
藤川一男
俺も行く!藍沢も来るだろ?あ、勉強で忙しいってのはなしだからな?
藍沢耕作
藍沢耕作
分かってるよ
桜井まゆ
場所は・・・やっぱりあそこ?
緋山美帆子
緋山美帆子
それ以外にどこがあるのよ
桜井まゆ
久々だな〜行くの。こっち戻ってから行ったことないや
緋山美帆子
緋山美帆子
私と白石はちょくちょく行ってたけどね、だいぶ仲良くなったよね、あの人とも
横峯あかり
横峯あかり
私も一緒に行っていいですか?!桜井先生完全に忘れてますけど前に焼肉一緒に行きましょうって言いましたよね?焼肉じゃないですけど一緒にご飯食べれるならいいです!
桜井まゆ
そんな約束いつしたっけ?
横峯あかり
横峯あかり
ほら、あの工場火災の時!
桜井まゆ
あぁ・・・懐かしいな、それ。確か中で爆発が起きて大変なことになったんだよね
冴島はるか
冴島はるか
あの時はさすがにちょっと焦りました
桜井まゆ
全然焦った感じしなかったんだけど・・・
藤川一男
藤川一男
飲みに行くとなったらさっさと仕事終わらせて行こうぜ!
ーめぐり愛
メリージェーン洋子
あっら!久々じゃない!6人が揃うなんて!あ、一名プラスされてるけど!
横峯あかり
横峯あかり
え・・・男?
メリージェーン洋子
女よ!女の子!バーやってるの!さ!早く飲みましょ〜
白石恵
白石恵
横峯先生には刺激強かったかな・・・
緋山美帆子
緋山美帆子
うちらが初めて会った時なんかもこんな感じだったね〜最初は患者として来てたけど。そういえば洋子、前に白石に向かって「ブス!」って言った時あったよね?印象に残ってるわ
白石恵
白石恵
あぁ・・・懐かしいな〜あれ何年前のことだろ
メリージェーン洋子
あら、ブス発言お望み?なら言ってあげる!ブス〜!
緋山美帆子
緋山美帆子
うっわ、久々に聞いた
白石恵
白石恵
何回言われてもブスって言われるの慣れないだろうな・・・
緋山美帆子
緋山美帆子
あんたぐらいだよ?白石にブスなんか言えるの
メリージェーン洋子
私以外に言えないの〜?!皆んなもっと本音で言っちゃいなさいよ!
横峯あかり
横峯あかり
この人オカマ?オネエ?
緋山美帆子
緋山美帆子
うわ・・・直球
藤川一男
藤川一男
俺は言えない、絶対に
冴島はるか
冴島はるか
藤川先生はまず度胸がありませんからね
メリージェーン洋子
さてと横峯ちゃんの失言は置いといて!
・・・あんたたちだいぶ仕上がってきたんじゃない?藤川?
藤川一男
藤川一男
は、はい?
メリージェーン洋子
冴島のこと仲良くしてあげなさいよ!こんないい女。世の中に片手で数えられるぐらいしかいないんだから!
藤川一男
藤川一男
お、おう・・・
横峯あかり
横峯あかり
なんか先輩達のこんな姿見るの初めて・・・
桜井まゆ
島に行く前は皆で飲みに行くの頻繁にあったんだけど横峯先生は今日が初めてだよね?フェローの中でここに連れてきたの横峯先生が初めて
メリージェーン洋子
島?!ハワイにでも旅行に行ってたの?!仕事ほったらかしといて?!
緋山美帆子
緋山美帆子
なわけないでしょ。去年まで愛ヶ島に行ってたの、まゆの知り合いの人がそこで診療所開いてるんだけどそこのヘルプに行ってたんだって
メリージェーン洋子
なら私に一言でも言いなさいよぉ!戻ってきた時お帰りなさいパーティー開いたのに!
緋山美帆子
緋山美帆子
その後立て続けにトラブルあったからね・・・やっと落ち着いたって感じ
メリージェーン洋子
みんなお疲れなのね!じゃあ今日ここでゆっくり疲れを癒していきなさい!私の生歌も聞けるこのバーで!
横峯あかり
横峯あかり
え?!ここカラオケバーなんですか?!なら歌いたい!
緋山美帆子
緋山美帆子
横峯のポテンシャル私に分けて欲しいぐらいだわ・・・
白石恵
白石恵
・・・横峯先生‪だいぶお酒飲んでない?それ何本目・・・?
横峯あかり
横峯あかり
私元々強い方なんです!
緋山美帆子
緋山美帆子
へぇ・・・以外、てっきり弱くてすぐに潰れると思ってたのに
藍沢耕作
藍沢耕作
人は見かけによらないな
桜井まゆ
今度他のフェローの子達も連れてこようか?
メリージェーン洋子
もうどんどん来てよ!私のこのバーをみんなに知って欲しいわ!
緋山美帆子
緋山美帆子
灰谷なんか洋子見ただけでひっくり返りそう
白石恵
白石恵
それは灰谷先生に色々失礼・・・
横峯あかり
横峯あかり
雪村さん連れて今度は行こ〜!
桜井まゆ
だいぶ常連客が増えそうだね
メリージェーン洋子
大助かり!大儲け!
緋山美帆子
緋山美帆子
うわ・・・
藍沢耕作
藍沢耕作
金稼ぎか
メリージェーン洋子
いやね!誰だってお金に対して執着するでしょう?
白石恵
白石恵
ここまでハッキリ言われると・・・
メリージェーン洋子
まぁまた大勢連れていらっしゃい!大歓迎よ!
緋山美帆子
緋山美帆子
まぁ・・・お酒は美味しいから許容範囲
メリージェーン洋子
あら!私もこの店の看板メニューなんだからね!
白石恵
白石恵
自分がメニューになってどうすんの・・・
藤川一男
藤川一男
はいはい。終わり。横峯歌うんだろ?ほい、マイク
メリージェーン洋子
横峯ちゃんの歌声聞きた〜い!
横峯あかり
横峯あかり
そ、そんな見ないでください!恥ずかしいですから!
緋山美帆子
緋山美帆子
なんだかんだ横峯先生も満喫してるっぽいね
メリージェーン洋子
いいわねぇ!横峯ちゃん!気に入っちゃったかも!
ー夜は長い