第225話

カプコンのはずなのに…
3,987
2022/07/01 14:04
~no-side〜







《Ladies and Gentlemen!
Boys and Girls??》



わぁぁっ!!…という異常な程の盛り上がり。
普段はない中庭のステージ上に上がり、
マイク片手に話している女生徒。

そして、それに合わせて観客席から湧き上がる歓声。



《今日は我が校にお越し頂き誠にありがとうございます!
本日の特大イベント!!!!!!!!!》


パァァァンッ!とクラッカー。
思った以上に大規模。


《カプコン…!!…ということでしたが、
異議申し立てが多数ありましたので…















誰が一番小泉さんについて知っているかクイズ!!》





ということになりましたー!!!!
声が響くと同時に盛り上がる青城生徒一同。








~あなたside~





何それ何それ聞いてない!!!!

隣の孝支先輩を見ても、
あはは…と何故か知っていたように
頬をかいて目線を逸らされる。

本人の了承も得ずにそういうことしていいの!?!?


『誰が一番…とかって言ってましたけど…』

菅原「あー…まぁ、うん。」

『やめてくださいよその諦めた顔!!』


本当に他人事だと思って…っ!!!!

パッと急に明かりが落ちたと思えば、
ステージバッグのスクリーンに映る…


『私!?!?』


小泉あなたと書いてある。
いつ撮られたのかも分からない
私の写真が沢山スクリーンに流れていく…。


《我が校で絶大な人気を誇る小泉さん!!!!
ご覧の通りの美少女なだけではなく、
こちら!!!!重い荷物を持っていた一生徒を
見つけてはすぐに駆け寄り、
荷物を持ってくれるという優しさ!!!!
それだけじゃないんです…けど語り尽くせないっ!!》


やめてください、恥ずかしい。


《小泉さんを知らない人でも楽しめる出し物!!
特に女性の方に人気なのでは!?!?何故なら…

"1人の美少女を賭けて競い合うイケメンたち"

しかもそのイケメン達は我が校だけではないっ!!
他校のイケメンも集っております!!!!
さぁさぁ!リアルタイムで少女漫画のような
ラブストーリーをご覧下さいませー!!!!!》


『ちょっ!他校からって…っ!!』


「はいはーいっ!まずは俺から★
青城のイケメンと言えば及川さんだよねっ!
うんうん、みんなありがとー!!」

手を振りながら歩いて来る及川先輩。


及川「あなたちゃんの王子様は俺だよね?」


左手を掬われて手の甲にキスを1つ落とされる。
え…え!?!?


『ちょ、及川先輩っ!!』

及川「あなたちゃん争奪戦って聞いたからね!
もちろん、及川さんも出るに決まってるし!!」

岩泉「バレー部全員勝手にエントリーした奴が何言ってんだ」

『岩泉先輩…!え、全員…?』

国見「俺は元々出るつもりだったけど」

京谷先輩まで出場するとは…
及川先輩…本当に全員勝手にエントリーして
何してるんですか。


及川「視線が痛い!!」


《まずは我が校のイケメン!!
男子バレーボール部御一行!!
小泉さんは男バレマネージャー!
これはこれは、部員全員をトリコにしてしまうとは…》

『してないです!!って、え!?!?』

「ぉーおー、えぇ驚き方やんなぁ!」

「あなたちゃんの争奪戦って聞いて
ツムが行きたい行きたい騒がしくてなぁ…困ったわぁ」

『侑先輩に治先輩まで!?!?』

侑「サムも言うてたやろが!!」

治「ツムみたいにうるさないわ」

《バレーボールファンはご存知の方も多い!?!?
高校バレーの有名人っ!!
宮侑選手と稲荷崎高校男バレの皆様!!》

侑「なんやてぇ!?!?」

北「侑、治。」

侑治「「すんません」」

『信介先輩まで…!!』

北「せっかくやし、…参加させて貰うわ」

「あなたー!!!!!!」

「うるさいです木兎さん」

『光太郎先輩に京治くん!!』

赤葦「俺もエントリーしたよ」

『京治くんが来るのは知ってたけど…』

赤葦「あなたのこと一番知ってるのなんて、俺だけだよ」

木兎「俺も俺も!!!!!!」

木葉「木兎気ぃ効かせろよ」

《こちらもまたまた凄いメンバー!!
木兎光太郎選手に梟谷学園の皆様!!》

こんなにみんな集まるって…
どんな呼び方したらここまで集まるの…。


「あなたチャーン、俺らも来タヨー」

『この流れはって思いましたよ!!
そこそこ近いですもんね!!』

「凄い人だな」

『若利先輩を無理矢理エントリーさせたのは覚先輩ですね』

天童「違う違う!!英太くんだって!!」

『えぇー』

瀬見「なんだよその言い方は」

《人気絶大!白鳥沢男バレの皆様ー!!》

『司会者の人だんだん紹介雑になってるよね!?』

《すみません多すぎて疲れます》

「あー!!!ここだぁああああ!!!!!!」

「あ!スガさんいるぞ!」

「おーいっ!!あなたー!!!!」

「ちょっとうるさいんだケド」

《烏野高校男バレの皆様ー!!》

「俺らもいるんだよなぁ~」

「お、いたいたぁ」

「人多すぎるんだけど」

《…の後ろには音駒高校男バレの皆様ー!!
…で終わりですかね!?揃いましたね!?!?》


司会者の人疲れきってるし…
本当に呼びすぎだと思う。
人数多すぎてステージに乗り切れてないんだよね?!


《ではこれにてルール説明を…》




















「はーい!飛び入り参加希望!」

マイクに入らないような距離から
声を出しているのに一際目立つ通った声。

狐のお面を被った女の人。


《飛び入り参加大歓迎です!!
…仮面はお外しになられない??》

「身バレ防止のためってことでね?あ、名前は"雪"で」

《了解です!ではこれにてルールを…!》













~no-side~




どこかで聞いたことのある声。
そう思ったこの場にいる大勢。

仮面…狐のお面を被り顔を隠し、
"雪"と名乗った女性。

背丈は160cm前後。
着物が似合う美しい姿勢。

顔が見えなかったとしても溢れ出るオーラ。
皆が目を奪われていて気付かなかっただろうが。

"内緒"とでも言うように、
小泉あなたに向けて指を1本口元に当てる。






さて!読者の皆様に問題です!!
この女性は一体誰なのでしょうか!!!!

コメント欄にて皆様の考えお待ちしております!
次回答え合わせ!!






女性についての情報

・160cm前後の身長
・狐のお面
・"雪"と名乗った名前
・聞いたことがあるような声…(?)
・あなたの知り合い…(?)











ヒント!!

ハイキュー!!本編には出てきません!!
もうこれで大分絞られますねっ!!

夢主ちゃん関係です!!!!
夢主ちゃんほどの美貌なら、
この結果でもおかしくないっ!!


プリ小説オーディオドラマ