第219話

お泊まり
5,512
2021/10/21 12:59









『京治くんお風呂先良いよ〜』

赤葦「洗い物やるから先どうぞ」

『いやいや、お客様優先ってことで!ね!』


何故こうなったのか、
詳しく話すと長くなるから(?)担的に。








京治くんがお泊まりすることになりました。






いや、担的すぎたかな。

えっと…ことの始まりは京治くんとの帰り道…





















赤葦「お疲れ様。」

『ありがとう!文化祭回ってみてどうだった?
  美味しいところとかあった??教えて教えてっ!』

赤葦「んーとね、あ、あったあったアイスの…」

"Break out 挑まずにはいられない〜"

私のカバンから鳴った音楽。
これは…!アニメの主題歌!!
ということはっ!

『ごめんね!お母さんからだ…』

慌てて取り出して電話に出る。


『もしも…』

母「あなた!!!!」

『はい!?』

母「お母さんとお父さん、
       2人で旅行行ってるんだけど…1人で大丈夫?」

『え、あ、え!?なんでそんな急に!?
                                    え、もう行ってるの!?』

母「善は急げって言うでしょ!?」

『急がば回れとも言うよね!?』

母「あなた1人になっちゃうんだけれど…」

『驚いたけど別に大丈夫だよ!旅行楽しんできて…』

赤葦「お久しぶりです。赤葦京治です。」

『え、京治く…』

母「え…あらやだっ!あの京治くん!?
         久しぶりねぇ…今あなたと一緒なの?」

赤葦「はい、文化祭にお邪魔してまして」

母「丁度いいわ!」

『え、やめてよお母さん』

母「京治くんに泊まってもらえばいいじゃない!」



















ということで、今に至ります。

京治くんに迷惑だ!と言ったものの、
等の本人は意外にも乗り気で、
お母さんと意気投合。

"女の子1人じゃ危ないですもんね"

ということで完結した。

京治くんはそのまま家に連絡し、
京治くんのお母さんも反対することなく…。

でも、京治くんがお泊まりに来るの、
すっごく久々…。

やっぱりお泊まりというと、
トランプとか、ゲームとかだよね…!

"いつだって 誰だって そこに立ちたくって"

再び流れる音楽。

『もしも…』

「なんか嫌な予感する」

『間違い電話ですか…?』

「は?」

『あ、国見』


電話に出てすぐ名乗らずに
そのまま話し続けるのが悪いと思うの。

なんでイラついてるの、国見くん。

国見「嫌な予感するんだけど」

『うん、さっきも聞いた』

国見「家に誰か…」

赤葦「ごめんあなた、タオルどこー」

『あ、洗面台の横に…!』

赤葦「あ、あった。ありがとう」

『いいえー!』

タオルの場所伝えてなかったの申し訳ない…。
あ、洋服はお父さんのがあるから、
京治くんにはそれを着てもらう感じです。

国見「誰」

『?あなたですけど』

国見「そうじゃなくて。誰がいるの」

『え…?京治く…』

……電話切れた。




赤葦「何か話してた?」

『ううん!大丈夫〜!』


思ったこと言っていいかな。
今日話してる途中で何度も中断されるの何故?

京治くんと交代でお風呂に入る。

『お湯加減大丈夫だった?』

赤葦「うん、大丈夫だった」

『私も入ってくるね』

赤葦「ゆっくりどうぞ」


すれ違いざまに話して、
最後にポンと頭を撫でる京治くん…。

え、スパダリ。

思ったけれど、この状況って良いのかな…
高校生男女が1つ屋根の下……

だめだ、想像したらダメなやつだ。

私みたいなちんちくりんと京治くんが
どうこうなるわけない。

烏滸がましいというやつだ。



そのまま脱衣所で服を脱ぎ、
浴室に行く。

京治くんが入ったあとだから、
お風呂場には湯気が立ちこもっている。

『あつー…』

頭を洗って、顔を洗って…

身体も洗い終わってからお湯に浸かる。

京治くんが来たから、
日頃の疲れが取れるように
柚の入浴剤を入れてみた。

柚の香りがすーっと入ってきて、
身体が温まる感じがする。

『極楽…』

眠くなってきた…だめだ寝ちゃ…
と思えば思うほど眠く…

\ピンポーン/

『ごめん!京治くん出られる!?』

赤葦「わかった」


おかげで目が覚めた。


この後にもっと目が覚めるだなんて、
そんなこと知らない。

知るはずもない。



















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

お久しぶりです!!
いやぁー…更新久々です。

フォロワーさんが沢山っ!
コメント下さる方も増えてきて嬉しい限りです!

そろそろアンチコメが来ませんかね…!
何故かワクワクする私ですっ!!

アンチコメが来る=沢山の人が読んでくれている
=アドバイスが頂ける=面白いお話

⬆だと思っている私でございます。



とはいえ、明日テストなんですよ…。
テスト…なんですよ……(テストナンデスヨ…テストナンデスヨ…エコー)

来年のクラスが決まる重大なテストっ!!
頑張って来ます…泣

3週間に終わったばかりのはずが、
またテスト…そろそろ辛いっ!!(笑)

皆さんも学校・お仕事お疲れ様です!
主婦の方も家事は立派なお仕事ですよね!

私なんて、家事という家事をしていないのに、
少し家のお手伝いしただけでクタクタです(笑)

いつも母は偉大だと思っております…



実は、昨日私の誕生日でして…!
学校の友達、部活の友達、
中学校の時の友達…みんなお祝いしてくれて、
本当に素敵な日を過ごせました…!

強いて言うならば、
学校で早朝テストがあったくらいですね。

また一年歳を取った私ですが、
これからも小説を書き続けていきたいと
思っております!(*´ ˘ `*)♡エヘヘ





あと少しで今週も終わりです!
皆さん週末のご予定はありますか?

コロナも大分終息してきているので、
旅行に行く方もいらっしゃると思いますが、
感染しないように、気を付けて下さいね!

読者の皆様が、
この作品をこれからも元気に
読み続けて下さることを、

心よりお祈りしております…。








2021.10.21

プリ小説オーディオドラマ