第226話

衝撃(?)の事実!!!!
2,040
2022/11/08 12:57
「おぉーっと!!!!これは凄い!!」


次々と出される問題を
簡単に答えていく"雪"と名乗った人物。


雪「ふっふ〜ん!余裕余裕〜!!」


本人はるんるん気分でいるので余計に目立つ。
私としては恥ずかしいんだけどな…自重して欲しい…


「雪とかいう人やばい!!」
「私もあの情報は知らなかったー!!」
「出場者そこそこみんな答えてるのに
雪だけずば抜けて有り得ないくらいの回答数…」
「負けてらんないー!!!」


クイズの優勝者は決まったも同然。
だって─────より私を知ってる人なんて
居ないでしょ…

《ではでは〜!!続いての問題っ!
家族構成は母、父、小泉さんの3人家族ですが
そのお母様はなんと〜!!!!》








雪「ハリウッド女優の小泉雪!!


















…って、私なんだけどね〜、
その情報どこで入手したの?」

『お母さん!!!!いい加減はしゃぐのやめてっ!!』

キャピ♡とでも効果音が付きそうなほどの
るんるん気分で親にはしゃがれる私の気持ち!

雪「だって〜帰国して久々にあなたに会えた上に、
あなたのことを誰が1番知ってるかクイズ…だなんて
優勝が私以外なの許せないでしょ?」


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
no-side




壇上から降りて小泉さんに駆け寄る雪…!!
え!?本当にあの雪!?!?!?

有名人なんてそんなもんじゃ済まないくらいの
超有名人…!!!!
結婚してたことすら知らなかったのに…!!

すっと通った鼻、
零れ落ちそうなほど大きい目に
澄んだ綺麗な瞳。
張り、艶のある肌…
どこをとっても【美】そのもの。

ハリウッド女優の中では小柄でありながらも、
堂々たる演技は引きを取らない…
むしろ、一番惹き付けられる…。

誰もが知っていて、憧れの的。




確かに考えてみれば小泉さんそのものかもしれない…。

周りには多くの人が集い、誰もが憧れ、
魅力的で本当に素敵な人。
特段驚くことは無いかもしれない。
だってあの小泉さんだもの。

…うんうん。
むしろ納得(?)










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






ー小泉sideー







確かにずっと会えなかった分、
今日会えたことは嬉しいけど!!
そうじゃないの!!!!

『お母さん!!またマネージャーさんから
逃げて来たんでしょ!!有り得ない!!』

雪「だってだって!娘の晴れ舞台…くすん…」

『嘘泣きしても分かります〜!!
ほら、早くマネージャーさんに連絡して…って
私の方に来てる!!!!
今日ドラマの撮影あったんだって!?!?』

雪「そんなの知らなーい!」

『ほら、!もうSPさん迎えに来てるから!!
じゃあね!頑張って!!!!』


SPさんに囲まれて回収されていく我が母。



『京治くん来るの知ってたでしょ』

赤葦「知らないよ」

『嘘つかないで!
絶対お母さんに連絡したの京治くんでしょ!!』

赤葦「…はい」

『…でも、呼んでくれてありがとう。
1年以上会ってなかったから…少し嬉しい』


幼い頃から仕事に明け暮れていて
お母さんと過ごす時間は少なかった。

家に帰ってもお父さんも仕事で
なかなか会うことは無いし…というか、
お母さんと同じく今は海外だし!!

本当に久々の再開だったから…







"これはっ!!!!
赤葦さんに特大ポイント入りまーす!!!!"

『いや、なんで!?!?』




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
成績途中経過

1位 雪(途中退場)
2位 赤葦京治
3位 国見英、孤爪研磨
4位 菅原孝支、及川徹
5位 北信介、影山飛雄






侑「なんっで北さんが5位なん!?!?」
及川「はぁー???さわやかくんと同立!?!?」
国見「特大ポイントとかずるいんですけど。
不正しないで下さい」
赤葦「正式な得点だよ」
孤爪「結構合ってると思ってたけど…」
菅原「わー…みんな手強いなぁ…」
日向「スガさん強い!!!…は!?!?影山いる!!」






"まだまだ闘いは始まったばかり!!
ではでは!!休憩挟みます〜!!あ!
もちろん、…途中参加も可能ですからね♡"

プリ小説オーディオドラマ