無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

330
2020/05/16

第5話

待って理解が出来ないんですけど……
私の隣の家?部屋?が涼介くんの……
あなた

初めて知ったんだけど

山田涼介
山田涼介
まぁ俺朝早く出てって
帰りは遅かったから
山田涼介
山田涼介
じぁ
まじありえない
家も席もあいつと隣のとか
ガチャ
もぉ〜初日から先生にこき使われるし隣の席の人怖いし……
【朝】 
↑飛ばします
あなた

(๑´0`๑)ファー

⏰4:50
あなた

はやく起きちゃった

弁当を作ってご飯を食べ終わり学校の支度も終え
⏰7:00
あなた

早いけど学校行こ

あなた

行ってきまぁす

って誰もいないけど
歩く🚶‍♀️
山田涼介
山田涼介
今日は早いんだな
後ろを振り向くと涼介くんがいた
あなた

涼介くん?

山田涼介
山田涼介
そうだけど何?
あなた

いや、いつもこれくらいにでてるの?

山田涼介
山田涼介
まぁ
【登校中】
女子
あっ涼介くんだ!
女子
えっ?
かっこいい!
女子
隣の奴誰?
女子
彼女とか?
女子
それは無いでしょ(笑)
女子
あんなブス
そりゃ人気だよね……私なんかと歩いてたら
「ギュッ」
あなた

えっ?

山田涼介
山田涼介
はぁ、
えっ?
なんで私涼介くんに腕握られながら走ってる?
女子
なにあいつ
女子
意味わかないんだけど