無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第49話

部屋に入り



ラップをとると、ふわっとハンバーグのいい匂いが広がった




私
いただきます

ハンバーグ……




私の大好物で、よくジンオッパと一緒に作ってたな…
私
そんなことジンオッパは忘れてるんだろうな…
私
おいしい…


私が初めて宿舎に来た日



油まみれのスープ



でも…



どこか優しくて懐かしい味がした



このハンバーグも



変わらない…優しい味がする










私は…私はいつまでこんな生活を続けるのかな…




喧嘩なんかするために私はこの世界に来たんじゃないのに…














来月には日本でのライブもある























タイムリミットまであと9ヶ月














next