無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第96話

私
…ただいま……




やっぱり























オッパ達の目は前のように優しくなくて

























明らかに困惑、そして疑惑の目になっていた






私
あ、あの……
ジン
ジン
話はあと
まず座って?
私
……はい…
グク
グク
あなた………
僕はあなたが大好きだよ
グク
グク
でも…今、僕は君がわからない
一体何者なの?
私
ッ………
ユンギ
ユンギ
俺らに隠し事はするな
正直に話せ
ジミン
ジミン
あんなに瞬時に行動できるなんて
普通無理だよね?
それに飛行機操縦ができるなんて…
ジミン
ジミン
まるで最初からこうなる事がわかってたみたいだった
ユンギ
ユンギ
お前は初めからこの飛行機が墜落しかける事を知っていた
ユンギ
ユンギ
ちがうか?







わかってた












私がこの事故を防ぐと…












オッパの命を救うと












オッパ達と…前のような関係ではなくなること












この1年間隠してた














そろそろ話す時が来たのかな…
















next