無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話


控え室





ミミ
ミミ
わぁ!!!見てみて
めっちゃ可愛い〜♡
私
ほんとだ!!!
ミミ
ミミ
……
ねぇおかしくない?
私
え?
ミミ
ミミ
なんかさぁ……ミミの衣装よりあなたの衣装の方が可愛いじゃん
私
え、そ、そうかな……
(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
ミミ
ミミ
大して可愛くないくせにさ…
ミミ
ミミ
なんなの?
スタッフにまで色目使ってんの?‪w‪w
私
ちょっとオンニ何言ってるのかわかんない
私
衣装私の方が可愛いとか知らないし…
それに色目使ったことなんてないから…
ミミ
ミミ
そういう所だよねぇ‪w‪w
ミミ
ミミ
ほんと嫌になる
ミミ
ミミ
いっつもひいきされてさ
ミミ
ミミ
うざいの
目障り
私
え、オンニ?
ミミ
ミミ
分かる?
目障りなの
ミミ
ミミ
わかんないかぁ‪w
分からない子には教えてあげないとね?


ボコッ






私
イタッ……オンニやめて…
ミミ
ミミ
その顔いい〜♡
もっと苦しめばいいのに〜‪w‪w‪w







カタン


私
あ……
ミミ
ミミ
なにこれ…



私としたことが………………
































ポケットに入れてたカメラとボイスレコーダーを落としてしまいました( ˙-˙ )
















オッパ達ごめんよ






あとで謝罪会見開くからさ!














あ、今それどころじゃないや☆








next