無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第64話

グク
グク
まず、始まりはジニヒョンの誕生日の日
グク
グク
あの日、あなたの様子がおかしかったのを覚えていますか?
テヒョン
テヒョン
うん!
グク
グク
なんであなたはあんな態度とってたの?
私
その…
私
ジンオッパの誕生日祝いで…
ミミオンニが一緒にサプライズしようって言ってきて
私
それが皆を無視するって内容だったの…
ジミン
ジミン
は?
私
本当にごめんなさい…
いくら演技とはいえ皆を傷つけたよね…
ホソク
ホソク
ミミ…本当?
ミミ
ミミ
そんな訳ないよ!!!
酷いよ…ウゥ…
ミミ
ミミ
証拠もないのに…
ミミのこといじめて…
ジミン
ジミン
はぁ…あのさあなた達はミミヌナを苦しめたいわけ?
テヒョン
テヒョン
そうだよッ!
ミミヌナ泣いてるじゃん!
ユンギ
ユンギ
へぇ…お前らはミミの味方ってわけね?
ジミン
ジミン
そうです
だって泣いてるじゃないですか
テヒョン
テヒョン
うんうん
ユンギ
ユンギ
ま、そう言ってられるのも今のうちだからな?
ユンギ
ユンギ
グク、パソコン
グク
グク
はい!
ユンギ
ユンギ
ありがと


カタカタ💻













ユンギ
ユンギ
とりあえずこれ見ろ








パソコンの画面にはミミヌナの姿が映し出された









next