無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

部屋







グク
グク
はい、足出して
私
ギクッ
私
な、なんのこと〜
グク
グク
いいから出す!
私
……はい…
´




グク
グク
うわっ…思ってたより腫れてるじゃん…

テヒョンオッパに足をかけられた時


くじいたんだけど心配かけないように…
私
隠してたんだけどなぁ…
グク
グク
隠さないでよ‪w
私
だって迷惑かけちゃうじゃん
私
それにこれくらい!
ほら、大丈夫だよッ!
グク
グク
あー無理しない!
グク
グク
ねぇ?僕の前では無理しないでよ?
グク
グク
そんなに頼りない?
私
そ、そんな訳じゃ…
グク
グク
僕頑張るから
グク
グク
あなたに頼って貰えるように
守れるように強くなるから
私
オッパ……
グク
グク
だからほら!
頼ってね!
私
うん!ありがとオッパ!
グク
グク
(*≧v≦)
グク
グク
はい!出来たよ!
私
ありがと!
グク
グク
あんまり動いたらダメだからね?!
私
はいはい‪w















next