無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第100話

カチカチ🕛



私
寝れない……

私は布団から出て、オッパ達の顔を眺めた

私
私…ほんとにこの人たちと1年間いたんだなぁ……
私
未だに信じらんない…
私
ふふ…みんなぐっすり寝てる…
この顔見れるのも最後か…





お礼…この一年間お世話になったお礼言わないとな…



面と向かっては言えないから




最後のわがまま





明日いなくなることを許してください


まずはジンオッパから…


私
ジンオッパ…
私
ジンオッパはさ、いつもいつっも楽しそうで
私
なんか見てたら私も笑顔になった
私
1年しか見てない私が言うのも変だけどさ…オッパはもっとみんなを頼ってよ
私
いつも…1人でしようと思わないで
周りにはたくさんの弟達がいるから…
私
溜め込みすぎずに… 
たまには弱いところ見せてもいいんだよ?みんなジンオッパの味方だから…
私
最初あった時はさ…ほんとにワールドワイドハンサムで‪…
イケメンすぎてびっくりしちゃった‪w
これからもイケメンでいてね
私
ジンオッパ…大好き…












私
ユンギオッパ
私
まず…あの時信じてくれてありがと…
私
ユンギオッパはいつも私の味方でいてくれて心強かった
私
オッパの一言一言は…ほんとに…
誰かを思ってて、心に刺さる…
オッパの言葉にいつも救われた
私
だからその優しさでこれからも
メンバーを守ってあげてね?
私
そして、みんなに守ってもらってください
私
ユンギオッパ…大好きだよ…






next





スクショ下手くてミヤネ…







これは私の大好きな物語?です!!!!!!!






うわぁー!おー!えー?!!!!え…
うぎゃー!!!




ってなります←語彙力…






展開が凄い面白いんですッ!




読んでるうちに惹き込まれる感じがして




すごいんです






まだ読んだことないよー…って方!




読んでみてください!!!!!!!