無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私
ハッ!………














目が覚めると私は知らない部屋にいました










私
ここどこ……
私
い、いったん外に出よ…







外は知らない場所












だけど街にいる人は韓国語だからここは韓国みたいです
















私
すいません…
通り人
はい?
私
あの…ここはどこですか…?
通り人
ここ?ソウルだけど…?
私
そうですか…ありがとうございます‪
通り人
はぁ?………
私
ここがソウル…









いったん部屋に戻り










私
じゃあここは私の家…




何気なくテレビを付けてみた












そしたら




私
BTS?!!!!!!!







そこには前と変わらず踊り、歌うBTSの姿があった
私
あれは…夢だったの?
私
でも……





髪色…歌…雰囲気











どう見ても最近じゃない…















なんで?














私
あ、もしかして?!





携帯を開くと













2018年10月1日







と表示されていた

私
え…私ほんとに過去に来たの…?




























タイムリミットまであと1年













next