無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第56話

ユンギ
ユンギ
これでよしっと
グク
グク
あとは待つだけですね
ユンギ
ユンギ
うん
私
ちょっと待って!どうゆう事?
私
なんでミミオンニにあんな事言ったの?
ユンギ
ユンギ
まぁ一時経てば分かるから
グク
グク
あ、はいこれ!
私
これって……
グク
グク
ボイスレコーダーと小型カメラ
私
え?!!!
グク
グク
もしもミミヌナと2人っきりになることがあれば必ず!これを付けて!!!
私
あ、うん?
グク
グク
いい?!必ずだよ?!
私
わ、わかった
ユンギ
ユンギ
これでやっとしっぽ掴めそうだな
私
え?
ユンギ
ユンギ
まぁあなたはちょっと辛いかもだけど
グク
グク
大丈夫!
その時は僕達がすぐ助けに行けば!
私
ちょっと待って?なんの話?
ユンギ
ユンギ
俺眠い
ユンギ
ユンギ
じゃあな
明日は頑張ろ…o。.( ´O`)〜〜
グク
グク
僕も眠い……。σω-。)
私
えっ…ちょっと待ってよ
ねぇ教えてよ〜!
´



















私
え、無視?辛っ!
私
気になりすぎて寝れないんだけど←











next