無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第90話

飛行機






パイロットさん
ちゃーす
今日操縦する太郎ッす!
安全運転心がけるでとりあえずよろ〜
BTS
BTS
…………あ、ども……
私
oh......


この時私は思った



























こりゃミスするわな( ˙-˙ )













うん、仕方ないな

私
あ、あのぉー
パイロットさん
あ、ちゃす!
どうしたっすか?
私
いつもの方じゃないんですか?
パイロットさん
あぁ先輩今風邪ひいちゃって〜
まっ俺に任せてくださいッ
私
あぁ…(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
私
……他の方…とかいなかったんですか?
パイロットさん
え?俺嫌っすか?‪w‪w‪w
安心して大丈夫ッす!
俺、腕は確かっす!
私
あー…
私
で、でも…もう少し…
頼れる人がいいなぁ…なんて?
パイロットさん
だからッ俺ならできるっす!
パイロットさん
初めてだから分かんねぇけど
大丈夫ッす!
私
んー???
私
今なんて?
パイロットさん
あ、言ってなかったッすね!
俺、今日が初ッす!
私
あらまぁ……
パイロットさん
安心して大丈夫ッすよ〜
こんな美人さんの命預かってるんすからミスはしませんッ
私
あ、だといいですぅ…
パイロットさん
まぁまぁ安心して乗ってくだせぇ!
私
んーでもやっぱり…
経験のある人がいいじゃないですかぁ…
パイロットさん
何事にも経験は大事ッすよ!
私
でも…さすがに
死は経験したくないですよね〜‪w
パイロットさん
俺もッす!
パイロットさん
だから大丈夫ですって〜‪w‪w 
はい、乗ったのった〜!
私
うわっちょっと押さないでー
パイロットさん
はい、じゃあ出発するんで〜
ベルトしめてくださーい
パイロットさん
あと少しで出発しんこーッす!
ふぉー!



















あ、私終わったな………( ˙-˙ )











って言えるわけねぇだろぉぉぉぉぉぉぉぉ


























こうなったら…使いたくはなかったが



















最終兵器を使うしかないか………





















next