無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

グク
グク
大して可愛くない
グク
グク
色目使ってる
グク
グク
いつもひいきされて
グク
グク
うざい
グク
グク
目障り
ミミ
ミミ
な、なんでそれ……
グク
グク
最後は……なんでしたっけ?
グク
グク
あーそうそう
苦しむ顔が好きでしたっけ?
グク
グク
あ、もしかして自己紹介ですか?
ミミ
ミミ
は?
グク
グク
だって、1つもあなたに当てはまりませんよ?
グク
グク
むしろミミヌナの方がぴったしですもん
私
オッパ…?
グク
グク
あなた、カメラ出して
私
あ…
ミミ
ミミ
‪w‪w‪w
ざんね〜ん
それならほら、壊したよ?‪w
私
…………
私
オッパ、はい
グク
グク
ん、ありがとう
ミミ
ミミ
な、何よそれ…
ミミ
ミミ
ただのピアスじゃない‪w‪w
そんなんで何が出来るの?‪w‪w
グク
グク
ミミヌナ
グク
グク
最先端技術×ユンギヒョンなめちゃだめですよ?





next