無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第116話

番外編🦁
防弾の事件ファイル   その1


〜キムテヒョンたんこぶ事件〜



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






ある日事件は起きた








テヒョン
テヒョン
ジョングガ〜

私とグクオッパが部屋でゆっくりしてたら


そこにテテオッパがやって来た



テヒョン
テヒョン
ねぇねぇ2人とも遊ぼ〜♡
グク
グク
んー…ヒョン
僕今眠いんです
テヒョン
テヒョン
えー…
ならあなた遊ぼッ!!!!!!!
私
ごめんねオッパ
私、今から睡眠の勉強しないと…
テヒョン
テヒョン
お勉強なら仕方ないねッ
てことでジョングガ遊ぼ〜
グク
グク
無理です
ユンギヒョンにでも遊んでもらってください←
テヒョン
テヒョン
分かった〜
ユンギヒョン遊ぼぉぉぉぉぉぉぉぉ


ドタバタ









グク&あなたの部屋に平和が戻った





























というのはもちろん無理で( ˙-˙ )













テヒョン
テヒョン
うわぁぁぁぁぁぁぁぁん
ジョングガぁぁぁぁぁぁぁぁ
グク
グク
はぁまた来た…
テヒョン
テヒョン
ユンギヒョンがぁ゛
グク
グク
はいはい聞きますから
落ち着いて?
テヒョン
テヒョン
ヒクッ……
テヒョン
テヒョン
ユンギヒョンがぁ……シクッ
グク
グク
ヒョンがなに?‪w
テヒョン
テヒョン
ユンギヒョンに遊ぼうって言ったら…
私
言ったら?
テヒョン
テヒョン
ヒクッ………殺すぞ
って言われたぁぁぁぁぁぁぁぁ
私
あらら……
グク
グク
はぁ…ほらヒョン泣かないで?ね?
テヒョン
テヒョン
うぅジョングガぁぁぁぁぁぁぁぁ

















グク
グク
うわっ
その鼻水で来ないで…←



抱きついてくるテヒョンさんをよけるグクさん










さてどうなったでしょうか

















ゴチンッ































テヒョン
テヒョン
……………………
痛いよぉぉぉぉぉぉ



はい( ˙-˙ )



ジョングク氏のベットの角に突進しましたね







私
うわぁ…痛そ…
あくまで他人事なあなたちゃん


グク
グク
ヒョン大丈夫ですか?
優しく声をかけながらも笑いを必死に我慢するジョングク氏



ユンギ
ユンギ
おい、今すごい音したぞ


そこに現れたミンユンギ選手


テヒョン
テヒョン
ユンギヒョぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉン
ユンギ
ユンギ
え、なに
テヒョン
テヒョン
頭………頭ゴッチンしたぁ…
ユンギ
ユンギ
へー…で?
テヒョン
テヒョン
頭痛い痛いしたの…
ユンギ
ユンギ
へー可哀想
テヒョン
テヒョン
僕、可哀想?
ユンギ
ユンギ
うん
テヒョン
テヒョン
なら僕と遊んで?
ユンギ
ユンギ
え…( ˙-˙ )
テヒョン
テヒョン
僕痛い痛いしたの… 
だからユンギヒョン僕と遊んで?
ユンギ
ユンギ
ん?
テヒョン
テヒョン
遊んでくれなきゃ嫌だッ
テヒョン
テヒョン
いーやーだーーーーーーー
ユンギ
ユンギ
え、待って
こいつ誰?
私
キムテヒョンさんです( ˙-˙ )
グク
グク
キムテヒョンさんですよ( ˙-˙ )
ユンギ
ユンギ
………………だよな( ˙-˙ )













このあとユンギ選手は










5歳児のめんどうを1週間ほど見続けたとか…












テヒョン
テヒョン
えへへ♡








END