無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第99話

ナムジュン
ナムジュン
あ、もうこんな時間……

気づけば時計の針は11時を指していた
ジン
ジン
もう寝るか!
私
………
グク
グク
どうした?
私
あのさッ
BTS
BTS
私
きょ、今日は………みんなで一緒に寝てくれないかな…/////
テヒョン
テヒョン
.*・゚(*º∀º*).゚・*.
うん!!!!!!!
ジミン
ジミン
僕あなたの隣〜♡♡
グク
グク
ダメです
あなたの隣は僕専用です
ジミン
ジミン
けち…
グク
グク
けちでいいです
グク
グク
あなたは僕の隣!
それが条件!!!!!!!
私
もちろん!!!
ユンギ
ユンギ
じゃその反対は俺…
ジミン
ジミン
なぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
ヒョンずるいぃぃ
グク
グク
まぁ…ユンギヒョンなら…いいです…
ホソク
ホソク
よしッみんな寝よ〜!!!!!!!
BTS
BTS
はーい












私
わぁ暖かい…
テヒョン
テヒョン
たまにみんなで寝るのもいいねぇ〜
グク
グク
なんか懐かしいな…
ジミン
ジミン
本物の家族みたい…(*´σω`)エヘヘ
ジン
ジン
やー俺たちは家族だッ
(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
私
おやすみ〜
BTS
BTS
おやすみなさーい
ジン
ジン
無視された………(´・_・`)
グク
グク
あなた……おやすみなさい…
私
うん、おやすみ









この目を閉じたら









次…目を開けた時私はどこにいるんだろう













目を閉じるのが怖い










オッパと…離れ離れになるのが怖い














怖い…怖い…











でも…運命っていうのは変えることが出来ない
















最後の夜















オッパ達とのお別れの時








next