無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

あれからもう三年かぁ…

そう思う私に大好きな幼馴染の憐君が来た。
「翼、花持ってきたよ」
目の前にパッと咲いた花は私の大好きな向日葵の花だった。
「わーぃっ!ありがとう!」
喜んでいる私に憐君は言った。
「向日葵かぁ、懐かしいなぁ。おじちゃんの向日葵畑で遊んでてしょっちゅう怒られてたっけな」
「あぁー、そんなこともあったっけねぇ」
二人で苦笑していた。
あーあ、楽しかったなぁ、あんなことやこんなこと…