無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

426
2021/08/04

第3話

〜第3話〜「青春って」
ねが視点
パソコン部所属、1年。
特にパソコン部では強制参加でもなく自由にPCをいじれる部活。
ただ、強制参加の日以外はほぼ誰も来てなくて僕しか来ていない。
何でかが分からないけど顧問の先生も居ない。毎日毎日、まだ部活入って数週間だけども職員室の先生に部室の鍵を貰い寿○打でもやって帰ってるような感じ。
そんな事を何度もやっていたらパソコン部では「真面目くん陰キャ」と噂されている。
おまけにこの学校に入学初日、自己紹介でも色々とやらかし、親友も先輩も居ない。
そして今日も適当にPCを弄り、鍵を先生に返し家に帰宅しようとするもの、まだまだ時間はたっぷりある。こんな早く帰ったら先生にも親にも怪しまれそう。
校庭に目をやるとそこにはサッカー部が。
…他の部活でも見に行こーかな
サッカー部に野球部。どっちもボール系だから少し危ないな…
危険を感じたので端の方の休憩ゾーンでちょこんと座ることにした。
…どこから見ても陰キャ。陰キャになりたくないならそんな所座るなよって思うけど僕はここがいいの!((((
「そこの人危ないっ!!」
ねが
え?
気づけば目の前にはサッカーボールが。そりゃあ体育座りで見ていたらそんな素早く避けることは出来ない。
俺の青春…終わったな。
??
痛た…大丈夫っすか?
めっちゃビビって目を閉じてた僕は声の主を確かめるため、少しずつ目を開けた。
そこには青髪のオッドアイの人がこちらを覗き込んでいた。
ねが
うぇッ?!!
??
あ、ビックリしました?
ねが
ぼ、僕は大丈夫ですけど…ボールは…
??
ボール?あぁ…回収したんでさっき先輩とかにパスしましたよ?
ねが
じ、じゃあ貴方は大丈夫ですか…?僕を庇ってボールに当たったんじゃないんですか…
??
これくらい大丈夫っすよ?
青髪の人は僕を庇って当たったボールの跡の砂を落としこちらへと顔を向けた
りもこん
俺の名前はりもこんっす!1年でサッカー部所属します!
ねが
あ、パソコン部のねがと申します…!
りもこん
お前も1年なの?何かの縁だし連絡先交換しよ!
何故か他のクラスメイト、他の部活の人と連絡先まで交換して仲良くなった。
…一応親友出来たってことで…いいのかな?
まさかきっかけがサッカーボールに当たりそうな僕を助けてくれたからって…ちょっと恥ずかしいな…
それに何故僕は連絡先を交換した後校内に戻ってきたのだろう。特にすることも無いし…他の部活でも見ようかな…?
ねが
ん〜…外は暑いから行きたくないし…体育館も暑そうだな〜…
考え事をしていたせいか目の前に人が居るのに気付かずぶつかってしまった。
なんか今日不幸だな…
??
痛っ…誰?
ねが
……ゑ。
目の前にはでっかい旗を持った白髪の人が。
僕はこの人を知っている。
ねが
…文化祭部の……ニグさん…??