無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

特にないかも𓀤
あなたサイド
思ってたほど遅くならなかったな!
あー!家散らかってないかなぁ…
散らかってませんように…笑




帰宅☆
あなた
あなた
ただいまぁ…
え、なに、すごい静かなんですけど…
こわいこわいこわいこわい
そーっとリビングに行くか…
ガチャ
あなた
あなた
た、ただいまぁ…(小声)
リビングにはソファーに座っているえいちゃんしか居なかった
あなた
あなた
あれ?えいちゃんだけ?
エイジ
エイジ
うん、なんか他の3人ご飯行った
あなた
あなた
そうなんだ!
あなた
あなた
なんか、元気ないね?
エイジ
エイジ
そう…?
あなた
あなた
うん、なんかあったの?
エイジ
エイジ
俺さ、もう…



















NEXT…✎
このまま書いたらめちゃくちゃ長くなるとみた。
やけん、切ります。笑

まあ、代わりと言ってはなんですが2本投稿です笑
2本のうちに入るか分からんけども。笑