無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

♯ 10













次の日、俺はあなたに突然話しかけられた。





























有原 「恭平!!!」




『あ、朝からどないしたん?』




有原 「メールの返信、私は早いのになんで兎には遅いん?」




『いや…別に』




有原 「もー、ちゃんと、私より早く返信してあげてや?」




『…うん』


























































次の日も、そのまた次の日も




あなたは俺に同じようなことを




ずっと言ってきた
































しまいには












































有原 「恭平…これ以上言いたくないねん」




『いや、俺言ってくれなんて』




有原 「はい?」



『なんでも。』





有原 「あーあ、呆れた。」



























なんて言いながら呆れたってポーズをしてた

















































それがまた愛おしくて仕方なかった





















































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

優蒼_✿♡
優蒼_✿♡
キョウヘイタカハシとラブホリック ✿♡ ((つけてくれたら喜ぶ お揃っち / 🌹✨🎬 けんしょり同盟 / 🍎💍 世界いち最強コンビ / ♛︎♡ ❥📭🔆 / 0.2 📚🌹 / これからも仲良くしよーて Instagram : __sz.nakajima_  (アンダーバー2つ) Twitter : @SZ_KTT_FL 🍍受験生のため浮上減🍍
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る