無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

♯ 24













大吾くんと話してたら


























有原 「わっ」






















って一言あなたが発して




後ろを見たら




あなたが誰かに手を引かれて




走っていた。




俺は恭平なんかな、




って思って




正直嫌やったけど




話したいことあるんかなって思って




そのまま俺は教室に入ってしまった。




これがいけないことやったなんて




思いもしなかった。




























































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

優蒼_✿♡
優蒼_✿♡
キョウヘイタカハシとラブホリック ✿♡ ((つけてくれたら喜ぶ お揃っち / 🌹✨🎬 けんしょり同盟 / 🍎💍 世界いち最強コンビ / ♛︎♡ ❥📭🔆 / 0.2 Instagram : yuwa_kntkyohei Twitter : @SZ_KTT_FL 🍍受験生のため浮上減🍍
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る