無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

♯ 7
 











「実際に…私の友達が恭平のこと好きみたいやし」























その言葉を聞いた瞬間俺は固まってしまった。










なんでって言われたらわからへんけど










ただ何となく





















































有原 「びっくりしたやろ?」










『うん』










有原 「ごめん突然こんなこと言い出して」











『別に気にしてへんけど』










有原 「っあ、もう家着くから私帰るわ。じゃ」












『あ、あなたっ』







































俺はなんて言えばよかったんだろう











































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

優蒼_✿♡
優蒼_✿♡
キョウヘイタカハシとラブホリック ✿♡ ((つけてくれたら喜ぶ お揃っち / 🌹✨🎬 けんしょり同盟 / 🍎💍 世界いち最強コンビ / ♛︎♡ ❥📭🔆 / 0.2 Instagram : yuwa_kntkyohei Twitter : @SZ_KTT_FL 🍍受験生のため浮上減🍍
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る