無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

243
2021/06/29

第3話

こんにちは
叶
(おかしい所が何個かあるだろ……!?)
そう、叶が気づいたのは…よくよく髪の毛を見ているととても丁寧に手入れされていることが分かり、そこからこのボサボサの髪の毛から推測してみるに、自分か、他の人に「わざと」ボサボサにして貰ったとしか思えない髪の毛、
よく耳元を見ていると、ピアスをバチバチに開けていることが分かり、
オシャレなどに人一倍気を使っている叶には、他にも立ち方や、服のシワ、表情から察するに「わざと」自分を地味に見せようとしている事がわかった。
叶
どういうことだ…?思い違いか…?
もぶ
もぶ
ん?どうしたの?叶くん
叶
え…いやっ、何でもないよ。
先生
先生
えー、ンンッ。(咳)
それじゃぁ…おっ、席は叶の左の窓側の席にしようか!
叶
(えっ)
?
はい……
もぶ
もぶ
うわっw最悪ぅーw
私の左2つ隣とかwてか、叶くんの方が可哀想なんだけどっw
叶
いや、僕は大丈夫だよ。嬉しいな。
叶
(葛葉くんの方をちらっと見る)
?
……
もぶ
もぶ
ちょっと地味男ー…
叶くんが見てるじゃん。
何も反応しないとか失礼じゃなぁーい?
あまり良くない空気
先生
先生
……っえーっと、もう伝えることは無くなったから、えー、号令!
起立、気をつけ、礼!