無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

250
2021/06/29

第5話

派手にね。
主
お久しぶりです
下手ですよね……見にくくてすみません(泣)(泣いてない)(けど泣きそう)
(泣かないけどね?)
ちょっと物語早く進めたいのでお昼まで時間を進めます…


------------------------------------------------------
叶
……葛葉ぁ〜くん?
お昼になったけど、派手にとかなんとかって何か聞いていい?
?
……
?
あぁ…そうだな
叶
(……凄いな。見て見ぬふりをわざとしてみたけどめっちゃ虐められてたのに大丈夫なのか……?)
?
もうそろそろいいか。
もぶ
もぶ
ねぇー叶くんー
ちょっとその地味……じゃなくて、葛葉くん貸してよw
モブ
モブ
いいだろ?
叶
……っえーと…
もぶ
もぶ
グイッ
もぶ
もぶ
おい、行くぞ
?
嫌に決まってんだろ話しかけんな掴むなブス。
もぶ
もぶ
っっ!はぁ!?
もぶ
もぶ
ドンッ!(葛葉を突き飛ばす)
?
(ふらっ)
叶
っ!危ない!
?
……
……え?(叶以外の全員
叶
……なに?葛葉…くん……?
?
……葛葉でいいよ。叶。
目立ちたくないから隠してたのに。
叶のせいだぞ。
……まぁ、変身魔法ずっと使ってるのも疲れたしこの方が楽だから良いけどな。
叶
……葛葉…どういうことなの…
さっきまでの地味な「葛葉くん」は居なくなっていて、ふらっと葛葉くんが倒れそうになった拍子で「葛葉くん」が「葛葉」になっていたのだ。
「葛葉」は、簡単に比較して説明すると、
黒く、手入れされていることは分かるがボサボサで鼻まで伸びていた地味な黒髪が、白く、艶々な天使の輪が映し出されてより一層の美しさが際立っている。
そしてその後ろ髪は赤いゴムで結ばれており、透き通った白い肌と見ると見とれてしまいそうだった。また、さっきも言った透き通った白い肌は、ニキビどころか、毛穴があるのかなと言うほど手入れされていることがよく分かったが、手入れというより【元々】の方が合っている。
そして白く透き通った白い肌と前髪から赤いルビーのようなビー玉が埋め込まれたような鋭く、美しいとしか表現出来ないような瞳を持った「葛葉が居た。」
もぶ
もぶ
く、葛葉…くん…
もぶ
もぶ
かっ…かっこいいっ!!!!
(あかりが葛葉に抱きつく)
葛葉
葛葉
……やめろ。気持ち悪い。
もぶ
もぶ
あ、ありがとうございます…
もぶ
もぶ
葛葉…様…
モブ
モブ
やばくね…?
モブ
モブ
あかり!おい!葛葉ってやつより俺の方がかっこいいし…
もぶ
もぶ
うるさいわよ!葛葉様のほうがかっこいいし、美しいわ!
モブ
モブ
……嘘だろ。?
モブ
モブ
なに!?あの方…
モブ
モブ
やばぁ!!!
美少女(モブ)
美少女(モブ)
かっこいい…!
葛葉
葛葉
…面倒なことになった
叶
……っふw
葛葉
葛葉
あ?
叶
……wなっwなんでも…wないよっ……w
葛葉
葛葉
怒)