無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

245
2021/06/29

第6話

気持ち
あの日から3日がたった
学校にはこの3日間、葛葉にはスカウトやテレビの取材があったらしいが全て葛葉が嫌がるのであれば。と思い、一番近くの僕が止めてきた。
葛葉は、毎日告白されては振っている
葛葉…僕も好きになりそうだよ…
………………
ピンポーン
叶
葛葉ー?
叶
入るよー?
葛葉
葛葉
んー
叶
ガチャ(扉をしてる音)
叶
もーwまだ準備してなかったの?
葛葉
葛葉
そりゃそうだろ。こんなに早く来るとは思わなかった。
叶
ごめんw
そう、つい昨日、僕から頑張って朝から一緒に学校行かないかと誘ったらOKが出たのだ。
叶
着替え…手伝おっか?w
葛葉
葛葉
え?
叶
なーんて…
葛葉
葛葉
あり。ちょっと部屋来て
叶
え?
嘘だろ?冗談で言ってみただけなのに…

いや、まぁ嬉しいけど。(本心
叶
……
葛葉
葛葉
好きなところおってー
葛葉
葛葉
ゴソゴソ(制服とってる
叶
…………
やばい……葛葉の部屋に入っちゃった…
理性が…
葛葉
葛葉
叶?
叶
っ!
良かった…危なかった…(?)
葛葉
葛葉
じゃぁ、着替えるわ
叶
…う、うん……
葛葉
葛葉
ファサッ(上を脱ぐ音
叶
…てかさ、なんで片手にパン持ってんの?w
葛葉
葛葉
え?叶が着替えさせてくれるんだろ?
叶
叶
え?
葛葉
葛葉
え?
葛葉
葛葉
だから、俺は食べながらでも勝手に着替えさせてくれるんなら食べててもいいじゃん?
叶
あ、うん!そうだったw
えっあっ…じゃぁ…着替えさせるってそういう事なのね!?
ネクタイとかを締めてあげるだけじゃなくて、いちからってことね!?