無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

223
2021/07/17

第13話

!?(少し⚠️なところがあります)
叶
あぁ、やっと上がってきたのか。
叶
そんなに大きかった〜?w
少し笑いながら振り返る
アイス用意し…た…
振り返ると葛葉がいた。
叶
!?
葛葉が居るだけでは驚かない。
理由は、
葛葉
葛葉
なんでこんな大きいんだよ…。
わんぴーす?みたいで下のズボンも短ぇから、すかーと?みたいなんだけど…
叶
!?!?!?
言葉にしなくても分かるだろうが説明する。
まず葛葉は肌が白く透明感があるが、風呂上がりということもあり、少しのぼせていて、僕がわざと大きめのを渡したシャツから肩が片方だけでていて、……その…色気全開だった。
しかも、短パンを貸したせいで、上のシャツと重なって見えてないから、まるで上のシャツしか着てないように見える。
一言で言うと、生脚みれて悔いは無い。
葛葉
葛葉
……?
叶固まってどうした…?
叶
あぁっ!え!?
いや、何でもな
葛葉
葛葉
似合ってなかったか…?
叶
ん゛っ!?
少し脳がショートしていて心の中で状況を整理していると葛葉は心配になったようで「似合ってなかったか…?」と聴いてきたがなんだよ!!(キレ気味)
聞いて来る時にその赤い宝石が埋め込まれているような眼を丸くして可愛い可愛いお顔を少し傾けて聴いてくるのはわざとですか???
あとやめろ!
その手!
顎元に手を持ってきて心配そうな表情をやめてくれ!!!
可愛すぎて襲いたくなる!
(吹っ切れた)
叶
んんっ!
えぇーっと…似合ってる!
似合ってるよ。葛葉。
葛葉
葛葉
あぇ!?
あっ…ん。
ありがとっ…//
叶
……(鼻血出そう…)
葛葉
葛葉
なっ!なんだよ!
早くっ!
その手に持ってるアイス食べるぞ!
叶
ふぅ…(深呼吸)
うん!食べようか!
(本当は葛葉を食べたいけど我慢しよう)