無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8




それから私たちは自分達の出身の場所の話をしたり、紫耀くんとみさきが出会ったきっかけを聞いたりしていた












3時間後……
あなた
あなた
ぜんぶしゅうしょくおとしゃれて…
もうやらぁ……ヒック
みさき&紫耀&廉
みさき&紫耀&廉
(完全に酔ってるな……)
岬
そろそろお店の閉店時間やし…
あなた!もう帰るよ!!
あなた
あなた
やらぁ!まだいるぅの!(。>д<)プイッ
永瀬廉
永瀬廉
(かわい///)
平野紫耀
平野紫耀
みさき、ちょっと来て!
ヘ(・。・。)オイデ
岬
なに??
平野紫耀
平野紫耀
今日、みさきの家泊まってもいい?
岬
ええ!?どうしよ…
いまあなたと一緒に住んでるからどうしよかな……
永瀬廉
永瀬廉
俺んとこ泊まらせよか?あなたを
岬
いいの…?
永瀬廉
永瀬廉
おん、いいよ!
紫耀も会社で頑張ってたらしいから、癒してあげてボソッ
岬
///ぅ、うん
平野紫耀
平野紫耀
みさき?顔赤いよ?大丈夫?
永瀬廉
永瀬廉
ちょっと、お酒に酔ったみたいやわ
紫耀、家まで連れて帰ったって!