無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12

~朝~
永瀬廉
永瀬廉
はぁーなんとかのりきった…
マジで理性切れる寸前やった……
永瀬廉
永瀬廉
寝顔可愛すぎ///
あなた
あなた
ん…
ふぁぁぁ~よく寝たぁ~
永瀬廉
永瀬廉
おはよ…
あなた
あなた
って、えぇぇぇ!?
なんで廉くんが!?



・・・事情説明中・・・


あなた
あなた
ごめんね……うちが酔いつぶれなければ
廉くんに迷惑かけなくて良かったのに……
永瀬廉
永瀬廉
自分の家に近いところにあるバーやから気にしやんといて! な?
あなた
あなた
うん…
永瀬廉
永瀬廉
あっ!そうやあなた、今日じゃなかった?
あなた
あなた
えっ?何が?
永瀬廉
永瀬廉
俺の秘書!
あなた
あなた
あっ!!ほんとだ……
でも、スーツ持ってないよ?
永瀬廉
永瀬廉
じゃあ買いにいこか!
あなた
あなた
いやいや、いくらなんでも廉くんに買ってもらったらダメだよ…
永瀬廉
永瀬廉
あなた、上京したばっかだからお金無いでしょ?
あなた
あなた
ギクッΣ(゚∀゚)
永瀬廉
永瀬廉
その感じは無いね~ニヤニヤ
あなた??行こっか~!


そうすると廉くんはわたしの腕を引っ張って家から連れていった

















ーーーーーーーーーーーーー
一旦切りまーす