無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

495
2020/10/05

第20話

🔪
あなた「挨拶行きますか」










ガチャ








隣かな?









.......隣だ〜








コンコン





ジヒョ「はい?」





あなた「ユナです」





ナヨン「ユナちゃん入って入って!!」





あなた「失礼しますm(*_ _)m」




モモ「あー可愛い〜天使」




あなた「(´∀`*)ウフフありがとうございます」




.......きもっ思ってないこと言ってくれてありがとう〜






ツウィ「(睨)」




あなた「💭わぁー怖い怖い(棒)」




チェヨン「ユナちゃんってラップもできるんでしょ?」




あなた「はい一応」





チェヨン「いつか共演したいね」






あなた「はい!!💭いややりたくねぇよー」





サナ「可愛いねー癒し〜」





ミナ「わかるわー(´∀`*)ウフフ」





ツウィ「(睨)」





あなた「💭うわーなにあの目私のオンニ達に触れるなアピールかなんか?フッ笑える」





あなた「それじゃ私はこれで失礼します」






ジヒョ「ありがとうね 今日はよろしく」




あなた「はい」





ツウィ「私ちょっとトイレ行ってきます」





ナヨン「うん」





チェヨン「行ってらっしゃい〜」





ツウィ「ユナちゃん途中まで一緒に行きませんか?」




あなた「はいいいですよ?隣ですけど」





バタン




ツウィ「.......」




あなた「.......どうしたんですか?」





ツウィ「.......グイッ」




あなた「わっ.......どこ行くんですか」




ツウィ「うるさい着いてこいよ」





メンバーがいた時のツウィとは一変何か悪い顔をしたツウィがいた




それにはあなたもびっくり






あなた「💭顔変わりすぎでしょ‪w‪w」







と、思ってる中





ドン



あなた「わっ」





ツウィ「入って」






あなた「どこなんですか?ここ」





ツウィ「どこでもいいじゃない」





あなた「はっ?」




ツウィ「えっ?」




そこには私何か変なことしてるというような顔があった







あなた「💭もしかしたら.......」