無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

428
2021/07/11

第10話

ハ チ ワ
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
はぁ………
さとみ
何ため息ついて
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
ん〜ん、別に
さとみ
そ?
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
なぁ…お前さなんで弟嫌いなの?
さとみ
別に、嫌いではねぇよ
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
…ふぅん………
さとみ
てかお前は?
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
ん〜……まぁ過去に色々、とね
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
今は話したくない、かな
そう言って自分の腕を目のところに乗せて俺のソファに横になった
俺の、ソファに←←←←
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
ッ……………
心做しか細い腕では隠しきれていない大きな目からは
すごく悔しそうな気がした。
やっぱりコイツの言ってた通り
俺と、“似てる”のかもな






てかなんでこいつ俺の部屋居んの??
邪魔なんだけど←←←←
追い出そうかな…←
さとみ
おい、お前いい加減起きて部屋戻r
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
うるさっ…!?
ズルッ
俺はソファの前に落ちてた紙に気付かず紙を踏み足が滑り
麗々夢がいる方向へ倒れた
そしてそのタイミングで
ガチャ
と、部屋が開く音がした
ちなみに今俺の体制はソファで麗々夢にソファドンをしている状態()
勝手に扉を開けるやつ、そして1番見られたくないやつ…
ころん
ころん
お兄ちゃんゲームしぃ………失礼しましたぁ〜………
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
誤解されたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
と、心で叫んでいるところんが慌てて下に行ったのがわかった
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
ちょ//おま、どけ////
え、何こいつもしかして
超絶ピュアだったりする?w
ふぅん?wちょっと遊んでやろwww←
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
早くどけよ///邪魔…////
そう言って照れながら顔を背けた
さとみ
こっち向けよ((耳元
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
!?!?//////
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
おまっ////
さとみ
ん?ニヤッ
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
ざけんな…///
さとみ
照れてんの?w可愛いね〜?w
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
黙れクズ////
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
照れてねぇし…///
さとみ
真っ赤ですよ?w
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
てかマジ早くどけ///誤解されたじゃねぇか!!!////
さとみ
嫌?誤解されるの
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
腹蹴っ飛ばすぞ!!!!!//
さとみ
あ、どくわ
流石に蹴られたくない←←
コイツならマジでやりかねない←()
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
最初からどけよ!バカ!!!!
さとみ
ごめんwでもまぁ可愛いのが見れたよ?w
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
チッ…今すっぴんなんだよ、顔近づけてんじゃねぇよ
さとみ
え?ま??
_麗々夢@りりむ_
麗々夢りりむ
マジだわ
え、顔面偏差値高←←←←



♡×15▹▸next

💬×3▹▸next