無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

# 君の心に入り込む(前編)

明日、またここで。

山田も誘っとくから

そう蒼唯さんに言われ、帰った。

私は山田さんの心の中に入れるのかな……?

一応方法は教えてもらったけど……

山田さんが秘密にしてることを私が勝手に知っていいものなの?
銉野
銉野
はぁ……
夜神月   知陽
夜神月 知陽
あなた
銉野
銉野
わ!びっくりした!
夜神月   知陽
夜神月 知陽
大丈夫?ぼーっとしてたけど……
銉野
銉野
うん、ちーちゃんは今帰り?
夜神月   知陽
夜神月 知陽
そーだけど……あなた、だいぶ前に学校出てたのに。
また寄り道?
銉野
銉野
う……(゜_゜)💧
夜神月   知陽
夜神月 知陽
はぁ……
分かった。おばさんには黙っとくから。
一緒に帰るよ
銉野
銉野
ありがとうございます。
こん時だけ頼りになるな〜知陽は。
夜神月   知陽
夜神月 知陽
……え!!
今、あなた…『ちはる』って言った?!
銉野
銉野
え?!そこ?!
夜神月   知陽
夜神月 知陽
うん!
いつもは『ちーちゃん』とか
たまに『ちーたろ』とか言ってくるのに
銉野
銉野
あー……😐
嫌味を言ったつもりが……💧
ま、いっか。
夜神月   知陽
夜神月 知陽
ま、そーゆー所も好きだけど
銉野
銉野
……ふーん
夜神月   知陽
夜神月 知陽
……
銉野
銉野
……
夜神月   知陽
夜神月 知陽
それだけ?
銉野
銉野
……あ、何?今サラッと告白した?
夜神月   知陽
夜神月 知陽
そのつもりだったんだけど
反応が薄すぎて……
銉野
銉野
ごめん、ちょっと分からなかった(--;)
夜神月   知陽
夜神月 知陽
鈍感だなぁ……
俺は小さい頃からずーーっと
あなた一筋だっていうのに……
銉野
銉野
え?!そうだったの?!
夜神月   知陽
夜神月 知陽
そうですけど!(ㆀ˘・з・˘)
銉野
銉野
……そっか
夜神月   知陽
夜神月 知陽
……返事は、すぐには聞かないから。
ゆっくり考えて。
どうせ、あなたの事だから
俺をそういう目で見てないだろうから。
銉野
銉野
どうせって……まぁ間違いじゃないけど
夜神月   知陽
夜神月 知陽
こっちの苦労ちっとは考えろよな〜
まじで( *¯ ³¯*)…でも、いいよ。
これから惚れさせるし
銉野
銉野
なんでこんな女慣れしてる訳?
ムカつく//
夜神月   知陽
夜神月 知陽
あ、照れてr((
銉野
銉野
それ以上喋ったら……(¬_¬)
夜神月   知陽
夜神月 知陽
ごめんて!
そんな目で見ないで
そうこうしているうちに

家の前まで来た。

銉野
銉野
ありがと
夜神月   知陽
夜神月 知陽
((ギュッ
銉野
銉野
ち……知陽…?//
夜神月   知陽
夜神月 知陽
あなた…… 
どこにも行っちゃダメだよ……
銉野
銉野
……?
夜神月   知陽
夜神月 知陽
このまま帰したら消えてしまいそうで…

知陽には、かなわないな

私が悩んでるって察してる。
銉野
銉野
大丈夫……大丈夫だよ知陽
夜神月   知陽
夜神月 知陽
((チュッ




夜神月   知陽
夜神月 知陽
あなたから離れる
銉野
銉野
今、何した?
夜神月   知陽
夜神月 知陽
……じゃあねあなた。おやすみ





私は知陽の背中をただ見送ることしか出来なかった。

知陽の心の鍵を持ってたら

今すぐ開けていきたい……