無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

# 呼び出し
蒼唯さんに奥に連れてこられた。


奥の部屋なんて初めて入ったけど綺麗にしてるなぁ…
水樹   蒼唯
水樹 蒼唯
そこに座ってて。
そう言うと蒼唯さんは紅茶を持ってきてくれた。
水樹   蒼唯
水樹 蒼唯
ピーチティーだよ
どうぞ。
銉野
銉野
ありがとうございます。
私は、座って紅茶を飲もうとした時
その手をとめられた。
水樹   蒼唯
水樹 蒼唯
まって、まだ飲まないでね。
そう言って怪しげに笑う。

私は手を止め蒼唯さんに向き直った
銉野
銉野
お話とは……?
水樹   蒼唯
水樹 蒼唯
これから話すことは本当の話だから
絶対に信じて。
と、訳分からないことを言う

一瞬戸惑ったが、蒼唯さんがいい人だということは知っているので頷く。
水樹   蒼唯
水樹 蒼唯
じゃあ、今からこの店の秘密について話すね。
間を置いて、蒼唯さんは話し始めた。









この店の秘密を……