無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

381
2021/02/18

第10話

7話
ただいま夜の12時

なんだか眠れなくて外の空気を吸いに来ました

ここのベンチ落ち着くんだよな〜。



空を見上げると綺麗な星が見えた


『お父さん。お母さん。私頑張ってるよ。絶対お父さんとお母さんみたいなヒーローになってみせる。』

綺麗な夜空を見上げ心の中で誓った



私の両親はとても立派なヒーローだった。



母「あなたは立派なヒーローになれるよ」

父「夢、諦めちゃだめだぞ」


これが両親との最期の会話だった