無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

449
2021/02/16

第6話

4話
発目「これを装着してコントロールできるようになれば変幻自在に水の温度を変えることができます!試しに使ってみてください!」

あなた『発目さんありがと!!』

発目「使ってみていい感じであれば水瀬さんのコスチュームに合うように改善するのでまた来てください!」

あなた『了解!』


試作品ってことか、使うのちょっと怖いな‪w




早速戻って使ってみる

さっきと同じように水を凍らせて


暖かい水をイメージして手から放つ


ジュワァー


すご!一瞬で溶けた!!
そしてまたその氷が溶けた水にふれると凍らせることができた


これは使えそう!

発目さんありがとう!