無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

360
2021/02/19

第12話

9話
暫く無言が続いたがそれに耐えられず私は口を開いた

あなた『轟はやっぱ強いよね。ほんとにすごいと思う』

私の口から出た言葉はお世辞でもなく事実だ

轟「それだけの修行をしてきたからな」

あなた『エンデヴァーがお父さんってどんな感じなの!?』

轟「いいもんじゃねぇよ」


なんか触れちゃいけない話題だったかな、


あなた『そ、そっか、、』


轟「水瀬はなんでヒーローになりたいんだ?」

あなた『えっと、それは、、』


私がヒーローになった理由。
まだ誰にも話したことがない。


轟「言いたくなかったら別にいいぞ」

あなた『言いたくないわけじゃないんだけどね。ごめん。また今度でもいい?』

轟「ああ。待ってる」

あなた『そんな気になんの?‪w‪w』

轟「水瀬は努力家だから何が原動力になってるのか気になった」

あなた『なるほど』

轟「そろそろ部屋戻るな」

あなた『あ、うん。来てくれてありがとう』

轟「お前も早く寝ろよ」



轟やっぱイケメンだなぁ、、
あ、上着借りたままだ。明日返そ


私がヒーローを目指すことになったきっかけはまたの機会にお話します。