無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

602
2021/02/16

第4話

2話
寮を出るとちょうどデクもいた

あなた『デクおはよ!朝練?』

緑谷「あなたおはよう!朝練だよ〜」

あなた『じゃあ一緒に行こ〜!』

緑谷「うん!」


デクとは入学式の時から仲良くなって呼び捨てで呼ぶほどお互い仲良いです!


あなた『デクの個性ってほんとすごいよね』

緑谷「そ、そうかな?」

あなた『だってパワーすげぇじゃん!バンバン敵倒してくじゃん!憧れる、、』

緑谷「そんなことない。まだまだ練習足りなくてこれじゃプロヒーローになんかなれない。あなたの個性もすごいけどなぁ」

あなた『もっと変幻自在に凍らせることができたらいいなーって思うんだよね!でも1回凍らせると自分の力じゃ溶かせないし、、そこが盲点かな〜。轟みたいに炎も使えれば溶かして凍らせて自由自在なのに。』

緑谷「炎までは行かないけど暖かい水とか出せないの??」


暖かい水、、
その考えは今までなかった


あなた『デクナイスアイディア!今日試してみる!』


私は一目散に学校へ走った