無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

367
2021/02/19

第11話

8話
轟「こんな時間に何してんだ?」

あなた『わっ、びっくりしたぁ。轟こそこんな時間にどーしたの?』

轟「部屋からお前の姿が見えたから来た」

あなた『なるほど』

轟「こーゆう時間も大切だよな」


何故か轟が私の隣に座る
そういえば轟と2人で話したことってあんまりなかったな、、


轟「こんな時間にそんな薄着で外出るとか寒いだろ」

そー言うと轟は羽織ってたパーカーを私の肩にかけてくれた


あなた『あ、ありがとう。轟寒くない?』

轟「ああ。」


何も言わずに隣に座っている轟。
ほんと思考が読めないな、