無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

485
2021/02/16

第5話

3話
暖かい水ってつまりお湯を出すってことだよね、、
体温を一点に集中させて、、、


バシャーッ


手から放たれた水から湯気がでてる


できた!これだ!!私が求めてたやつ


バシャーッ
水を出して、
メキメキメキッ
凍らせて、
バシャーッ
自分のお湯で溶かす

ってあれ?お湯の温度がひくくて氷が溶けない

でもこれ以上の温度は無理だし

そーだ、サポート科の発目さんに相談してみよ!



研究室で発目さんみっけ!


あなた『はつめさーん!!』

発目「水瀬さんじゃないですか!?どうしました?私のベイビーに興味が、」

あなた『あの、、』


私は一通り説明をした
お湯の温度をもっと上げられるサポートアイテムがないかと


発目「私が作ったベイビーちゃんの中にいい物がありますよ!」


と言って渡されたのは手袋みたいなもの