無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

662
2021/02/16

第3話

1話
『かっちゃーん!!』

爆豪「かっちゃんって呼ぶな」

『かっちゃんって呼んでいいのはデクだけか』

爆豪「くそデクが勝手に呼んでるだけだふざけんな」


相変わらず辛口なかっちゃんですね〜()


飯田「朝から騒がしいぞ君たち!」


独特な手の動き‪w‪w


あなた『飯田くんおはよー!』

飯田「おはよう!水瀬くん!」


今日は朝練のために早く学校行きます!
まだ水を凍らせる技術が足りなくて、、


あなた『轟!おはよ!ねぇねぇ、氷出すときって何考えてる?』

轟「とくに何も考えてない」


クールだな!とどろきっ!


あなた『意識しないで出せるのいいな〜。私さ意識しないと凍らせられないから気が抜けると反応遅れちゃうんだよね』

轟「練習するしかないな」

あなた『やっぱそーなんだよなぁ。じゃあ!いってきまーす!』


登校時間1時間半前、今からなら1時間は自主練できるな!