無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

鎌かける
え?ホントになに!?
この沈黙!重い……
天馬 夢月てんま ゆうが
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ☆♪
久遠くおんあなた
え?
突然の拍手
天馬 夢月てんま ゆうが
凄い!先輩前によくあんなに喋れたね!
久遠くおんあなた
え?
轟 翼とどろき つばさ
素晴らしい成果だ
久遠くおんあなた
えっーと、どうも?
蝶野 矢月ちょうの やつき
凄い!あなたちゃん!見直した
桜坂 日向さくらざか ひなた
ナデナデ(。・ω・)ノ゙
久遠くおんあなた
(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°
そーゆう事ね。みんな呆気に取られて訳だ
……てか、私見くびられ過ぎじゃない!?
蝶野 矢月ちょうの やつき
多分、あなたちゃんの言ってることはほぼ全部正しそうね
桜坂 日向さくらざか ひなた
どうする?
久遠くおんあなた
う〜ん。
天馬 夢月てんま ゆうが
鎌かけませんか?(*´罒`*)ニヤリ
久遠くおんあなた
うわっ。黒が出てるぞ。黒が
桜坂 日向さくらざか ひなた
具体的には?黒が出てる夢月くん
天馬 夢月てんま ゆうが
先輩、その呼び方辞めてください
桜坂 日向さくらざか ひなた
うん。辞めるわ‪𐤔
長くて呼ぶのめんどい
轟 翼とどろき つばさ
それで、何か案があるのか?
天馬 夢月てんま ゆうが
ありますよ。
久遠くおんあなた
聞かせて!
天馬 夢月てんま ゆうが
まず、保健室行きましょう
蝶野 矢月ちょうの やつき
げっ………
矢月先輩、「げっ」なんて言うんだ
天馬 夢月てんま ゆうが
あぁ。全然無理にとは言いませんので
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* 
久遠くおんあなた
って、結局2人だね
天馬 夢月てんま ゆうが
まぁ、しょうがない
天馬 夢月てんま ゆうが
1人よりは、マシでしょ?
久遠くおんあなた
まぁね
久遠くおんあなた
それで?
久遠くおんあなた
黒が出てる夢月、作戦は?
天馬 夢月てんま ゆうが
……その呼び方辞めて
久遠くおんあなた
うん。
天馬 夢月てんま ゆうが
作戦は、シンプル
久遠くおんあなた
なに?
天馬 夢月てんま ゆうが
ストレートに、「伊吹慧音さんですかー?」って聞く
久遠くおんあなた
え!?シンプル過ぎない?
久遠くおんあなた
てか、それ作戦立てたうちに入るの!?
天馬 夢月てんま ゆうが
入るっしょ
久遠くおんあなた
うん。まぁ、入るの…かなぁ?
天馬 夢月てんま ゆうが
入る入る!(*`∀´*)
久遠くおんあなた
┐(´∀`)┌ヤレヤレ
天馬 夢月てんま ゆうが
じゃ、保健室に入ろっか
久遠くおんあなた
うわっ!着いちゃったよぉ…
天馬 夢月てんま ゆうが
行かなくてもいいよ?
久遠くおんあなた
そーゆう訳にも行かないの。
久遠くおんあなた
生徒会代表としてきてるんだから
天馬 夢月てんま ゆうが
はいはい
||☆\“(・_・。)コンコン
天馬 夢月てんま ゆうが
失礼します
久遠くおんあなた
ます
(|・ω・)|ガラガラ
久遠くおんあなた
先生は、不在かぁ
天馬 夢月てんま ゆうが
いや、先に会長に頼んで保健室に電話してもらって職員室行ってもらった
久遠くおんあなた
なるほど。アポありってことか
天馬 夢月てんま ゆうが
そーゆことー
久遠くおんあなた
雨音先輩いますかー?
シャー←カーテン開けました
銀青 雨音ぎんせい あまね
あらあら。生徒会の方ですか
もあもあもあもあぁ〜
銀青 雨音ぎんせい あまね
(コテン)
わぁお。こうやって出てくるんだ
何か御用ですか?
久遠くおんあなた
あなたは、伊吹慧音いぶき けいねさんですよね?
うふふふふふふふふ。
あはははははははははは!
本当に、今回の生徒会は優秀ね。
わずか、1日で私の正体を見破るなんて!あはははははははははは!面白いじゃない!
って、ことは……
そうよ!私の名前は伊吹慧音
伊吹慧音いぶき けいね
約束通りこの娘を、傷付けるのは辞めましょう。
久遠くおんあなた
ε-(´∀`*)ホッ
伊吹慧音いぶき けいね
でも、たかが名前が分かっただけでしょ?それで喜んでるなんて、ぬか喜びよ。私を成仏させるには、情報が少なすぎる。さぁ、期限までに間に合うかしら!?残り2日で私の未練を見つけて見なさい!
伊吹慧音いぶき けいね
もし、残り2日で見つけられなかったら私を成仏させるのは諦めなさい!
天馬 夢月てんま ゆうが
…………!
久遠くおんあなた
そんな!諦めるなんて!?
久遠くおんあなた
こんなこと……!
伊吹慧音いぶき けいね
だったら…!だったら…!真実に近づきなさい
ガッ!
久遠くおんあなた
……!
天馬 夢月てんま ゆうが
うっ……!
なんだろう!?
急に目眩が……!
伊吹慧音いぶき けいね
絶対、絶対、これ以上先には行かせない!
あぁ。段々、伊吹慧音さんの声が遠くに…
伊吹慧音いぶき けいね
例えこの身が闇に飲み込まれようと、自由を失おうが絶対に行かせない!もう、誰も傷つけさせない……!あの屈辱はもう絶対に…!
えっ?待って。一体どういう…こと?
バタン