無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
久遠くおんあなた
んー!
久遠くおんあなた
朝だー!
私、久遠くおんあなた
浦の星学園に、通う中学1年生!
今は、11月
いきなり、とびすぎー!
とか、言わないでよ?
つい最近、生徒会選挙があって、晴れて生徒会役員になりましたー
浦の星学園では、生徒会は結構権力持ってる
…………………方
生徒会役員の、証拠?に
生徒会役員には、ピンバッジが配られて
制服につけなきゃ、いけないの
まっ、めんどくさいけど、かっこいいからよしっ!
制服を着て、くるっと鏡の前で一回り
久遠くおんあなた
よしっ!今日も問題なしっ
次はー
久遠くおんあなた
髪の毛やらなきゃね
私の髪の毛は腰ぐらいまで、あるんだっ
それを、後ろで三つ編み
最後に、編み始めと、真ん中、それから結び目に赤い紐を結んで
はい、完成
(((((*´・ω・)トコトコ
|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
久遠くおんあなた
おはよー
天馬 夢月てんま ゆうが
おはよう
久遠くおんあなた
相変わらず、来るのが早いよー
天馬 夢月てんま ゆうが
あなたが遅いんだよ
この子は、天馬 夢月てんま ゆうが

私の隣の家で、幼なじみ
毎朝、迎えに来てくれて、学園まで一緒に行く
天馬 夢月てんま ゆうが
朝ごはんは?
久遠くおんあなた
んー、いいかなぁ
天パ(天然パーマ)が特徴的で
天馬 夢月てんま ゆうが
んじゃ、行こうぜ
学年一のモテ男………
そして、ファンクラブもあるとか、ないとか…
うぅぅ、登校してる時の周りの目が痛い…
天馬 夢月てんま ゆうが
そんな周りを気にするなって
久遠くおんあなた
気にしちゃうよっ!
久遠くおんあなた
見てよ!あの目っ!
久遠くおんあなた
怖すぎでしょっ!
天馬 夢月てんま ゆうが
そう?普通だと思うけど……
久遠くおんあなた
普通じゃないからっ!
天馬 夢月てんま ゆうが
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
久遠くおんあなた
子ども扱いするなー!
天馬 夢月てんま ゆうが
落ち着いて、落ち着いて
久遠くおんあなた
全く
久遠くおんあなた
夢月は、気にならないの?
天馬 夢月てんま ゆうが
気にしてたら、キリがないしね
久遠くおんあなた
さすがです………
天馬 夢月てんま ゆうが
そういえば今日は、生徒会?
久遠くおんあなた
うん。先輩が生徒会室の片付けするって言ってたから、手伝ってあげるの
天馬 夢月てんま ゆうが
なるほど。
天馬 夢月てんま ゆうが
僕も、部活だから一緒に帰ろ
久遠くおんあなた
分かった
天馬 夢月てんま ゆうが
正門で待ってる
久遠くおんあなた
了解
久遠くおんあなた
それじゃあ、ここからは1人で行くね?
私はいつも、学園の2つ前の交差点から1人で行くようにしてる
え?何故かって?
周りの目が怖いからです……
天馬 夢月てんま ゆうが
ハイハイ。
天馬 夢月てんま ゆうが
それじゃあ、また教室でな
久遠くおんあなた
うん。