第22話

動揺+お知らせございます


…………動揺が隠せない
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あなた〜、タオル〜
私
はッ、はいっ!!!
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あなた〜、飲みもん〜
私
はッ、は〜い……
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あなた〜、そこのボールとって〜
私
いッ、今取りますッ…
_______________
山本猛虎
山本猛虎
なんかあなたちゃん可笑しくないっすか…((ボソッ))
夜久衛輔
夜久衛輔
あれ、絶対なんかあったよな((ボソッ))
犬岡走
犬岡走
なんか…凄く気まずそう((ボソッ))


なんで、私そんな鉄郎くんに呼ばれるのッッ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あなた〜こっち来い〜
私
そっ、それは出来ませんっ!
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あ?なんで〜?(ニヤ
私
ッ……けっ、研磨ッッ!!

体育館の隅で休憩してた研磨が私の声に反応して
すぐ来てくれた
孤爪研磨
孤爪研磨
どうしたの…?
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
研磨呼ぶのは無しだろ〜。
孤爪研磨
孤爪研磨
クロ。あなたに何かしたの?
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
研磨耳かせ。


な、なに言ってるんだろう…


私の方に来て、キュッと手を握ってきた
私
え……?
孤爪研磨
孤爪研磨
本当だ。柔らかい…でも、手は大きくないよ…?クロ。
え…………

鉄郎くんの方を見たらニヤニヤしている…
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
柔けぇだろ〜?(ニヤ
私
研磨……ちょっと手放してそこに待っててね。

鉄郎くん、私で遊んでるなあ。
なにかなー。お返しすればいいのかな?

グッと鉄郎くんの腕を掴んで、引き寄せた
私
鉄郎くん…あんまり意地悪しちゃだめでしょ?(ムッスウウ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
ッ……お前近けぇよっ…
あと、頬っぺた膨らませても怖くねぇんだよ!

ムニーっと私のほっぺを摘んだ…
私
いひゃいっ!!

鉄郎くんに何やっても効果ない事が100%わかった。
孤爪研磨
孤爪研磨
クロ。あなたにちょっかい出さないで
私
研磨は優しいぃぃっ…
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
てか、いつの間に呼び捨てなんだよ!
俺の事も鉄郎って呼べ!!
私
んな、強情ッ。
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
いいから呼べよ。
言わねぇと揉m…
私
てっつっろっう!

今絶対もっ、揉むって言いかけたよねッ…
孤爪研磨
孤爪研磨
クロ。何言いかけたの?
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あ〜、もm
私
だめええええええっっ!!

鉄郎の口を手で塞いだ。
私
言わないでよっ…


ペロッ
私
なっ……
パッと手を離した
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
ウブだな。

口を塞いでいた手を舐められた……
私
研磨、私もう鉄郎に近付かない…
孤爪研磨
孤爪研磨
そ、その方が安全だよ。


_____無駄に弄ばれました…



_____________________________________________




作者
作者
作者からお知らせでざいます!
ちょっと新しいフォロワー様限定で短編集を出そうかと…
作者
作者
R18設定したら若い子って見れなくなるもんなの?教えて欲しい。
イマイチ、仕組みが分からないのだ( ॱߑॱ )
とりあえず、ちょっと刺激的な短編を書きたいので宣伝をしようかと(((

それでは、次回お楽しみにっ☆