第8話

8話
117
2024/02/01 06:19









伏黒恵
あなた





恵の部屋の扉が開いて風呂上がりの恵がでてきた




伏黒 あなた
いつ戻ったの
伏黒恵
あなたと先輩が部屋でなんかしてる間に戻ったんだよ
伏黒恵
何話してた?
伏黒 あなた
別に
伏黒 あなた
それより中入れて





扉を押えている恵の前を通って中に入る





伏黒恵
なぁ、何話してたんだ
伏黒 あなた
そんなに気になるの
伏黒恵
当たり前だ




不思議なくらい真剣な顔をするからこれは言うしかない




伏黒 あなた
貴方を待ってたら任務帰りの先輩が来て
伏黒 あなた
…で、私の調子とか、先輩の任務だったり
伏黒 あなた
ご飯誘ったりしながら先輩の擦り傷手当してた
伏黒恵
は?飯?
伏黒恵
二人で行くのか
伏黒 あなた
あぁ…ううん、皆で
伏黒恵
…そ、うか






焦っている弟を変に思いながらも取ってきたドライヤーを持ってベッドに座る





伏黒 あなた
髪乾かすからおいで
伏黒恵
…ん




慣れた手つきで髪を乾かしていく




伏黒恵
…なぁ、あなたは先輩のことどー思ってんだ
伏黒 あなた
狗巻先輩?
伏黒 あなた
どうって、もちろん先輩として尊敬してるし良い人だと思ってるよ
伏黒恵
そうじゃなくて
伏黒恵
伏黒 あなた
…?
伏黒 あなた
もしかして恋愛面のことを聞いてるの
伏黒恵
…嗚呼





姉の恋愛事情も知りたいなんて





変な弟




伏黒 あなた
アリかナシで聞かれたらアリだけど。
伏黒 あなた
さっきも言った通り今は先輩としてしか見てないよ
伏黒恵
じゃあ俺は弟としてか
伏黒 あなた
うん?当たり前でしょ、恵は私のたった1人の弟だから大好きよ
伏黒恵
俺は姉として見てねぇから
伏黒 あなた
そんな悲しいこと言わないで




昔からツンデレなのは知ってるけど

姉として見てないなんてそれじゃ他人みたい



伏黒 あなた
次、恵が乾かして




今度は恵が私の髪を乾かす番






私の後ろに回ってドライヤーの電源を入れる







櫛で髪を解きながら




ぽつり




伏黒恵
髪綺麗
伏黒 あなた
ありがと













プリ小説オーディオドラマ