第4話

4話
177
2024/01/04 09:03








五条悟
いつでもおいで
伏黒 あなた




1呼吸置いて始める




さっきの恵と先生の戦い方を見てたからなんだろうけど、凄く動きが見える





伏黒 あなた
(わかる…)
五条悟
(前より俊敏になってるね…)





柔らかくて軽い体で早く動ける




五条悟
凄いね、1週間のうちにこれ程上達するなんて
五条悟
ちょっと本気出さないとマジで殴られそうだよ
伏黒 あなた
それは結構



完全に余裕そうな相手の懐を取った





普通ならここでモロ完璧に一撃はいるところだけど




五条悟
今のはさすがに僕でも焦ったよ





この人だからこそ防がれた




五条悟
あなたは力が恵と比べて弱いけどそれを補うほどの速さがある
五条悟
文句ナシ!
五条悟
ま、強いて言うならやっぱり力だよね




先読みでもされたのか足首を掴まれて体制を崩された




けど、その場合を予測して私はもう片方の足で強く地面を蹴り肩車する形にさせた




頭を足で挟んでそのまま下に落ちるように一回転






五条悟
(ちょっと本気出すかな)






先生が少し本気を出したと分かってからも数分




耐えたけど体力が追いつかず私は仰向けで押し倒されてしまった


伏黒恵
あなた!
伏黒 あなた
平気



やっぱり1発も与えられなかったけど触れることは出来た



五条悟
…恵
伏黒恵
はい?





押し倒した状態のまま喋り出す先生



五条悟
あなたほんとに大胆だね
伏黒恵
まじ殴る‪💢
伏黒恵
つか早く離れろッ
伏黒 あなた
(賑やか…)











プリ小説オーディオドラマ