無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
85
2021/08/29

第6話

5話

その後、おばあちゃんと夕飯を作った
おば
あなたちゃんは将来立派なお嫁さんになるねぇ
あなた
ふふっ、ありがとう
でも、相手がいないからな
おば
まだ若いんやから大丈夫!
あなた
そうだね
おじ
あなた、大きくなったなぁ
あなた
おじいちゃん!
大丈夫なん?
おじ
あと、一ヶ月かかるらしい…
若かったらはよ治るんやけど…
おば
急いで階段降りるけぇよ
このまま順調だったらギリギリ祭りに間に合うんやって!
あなた
よかったね!
おじいちゃん

その後色々と雑談をしながら夕飯を食べた

お父さんは海外で仕事、お母さんはバリバリのキャリアウーマンだったから

あまり家族と食卓を囲ったことがなくて

とても温かく、美味しく感じた





お風呂に入り、おばあちゃんが用意してくれた部屋に行った

部屋には1つの巫女袴があった

これを着て掃除をしろということですね


巫女袴を眺めていると電話がかかった

らっだぁからだった
あなた
もしもし~
どしたー?
らっだぁ
後で連絡くれるって言ったじゃん!
あなた
あっ、ごめんごめん
らっだぁ
おじいちゃんの体調大丈夫そう?
あなた
あと1ヶ月ぐらいで治るらしーよ
元気そうだった
らっだぁ
そっか、じゃあよかった
らっだぁ
あなたは明日何するの?
あなた
地域のバイトの子と一緒に神社掃除する
らっだぁ
バイトってことは、高校生?
あなた
うん
なんか、おばあちゃんが言うにはあったことある人らしい
私は覚えてないんだけどね
らっだぁ
神社ってことは巫女になるの?
あなた
………………、
らっだぁ
おーい!
聞いてる?
あなた
う、うん
なんて感の鋭い男なんだ
らっだぁ
あっ、もしかしてー
巫女袴着るの?
あなた
すぅ…
うん
らっだぁ
えー、いいなぁ
写真送ってね☆
あなた
い・や・だ☆
らっだぁ
えぇー、ケチ
あなた
ケチじゃないし
あっ、明日早いし疲れてるから寝るねー
らっだぁ
ほーい
おやすみ~
あなた
うん、おやすみ~
らっだぁ
いい夢見ろよ


スマホで目覚ましをセットし、ベットに入った