第16話

💙16

樹『あ、信じてない顔してるなー』

「アイドルがただの高校生に一目惚れなんて信じるわけないです」

樹『てかさー、敬語やめてよ

あと、あなた呼びじゃなくて名前で呼んで?』

「わかりました、田中さん」

樹『田中さん(笑)距離あるなー』



「アイドルだから緊張するんです」

適当に言い訳をいって、スマホをいじろうとすると急にソファに押し倒された




「なにっしてんの…」

樹『ねえ、アイドルってやめてよ』

急に真面目な顔をして見つめてくるから何も言えなくなる

樹『あなたにとって俺は彼氏でしょ、ただの男だよ』

真剣な眼差しとその優しすぎる声のギャップに驚く。







ルルルルルッ

沈黙が流れていた部屋に彼のスマホが鳴り響いた