第21話

💙21


私はニコッと笑顔を作り話しかけた


「あれ?どうしたの?」

樹『今夜会う約束してたでしょ、今何時だと思ってんの』

「あーごめんごめん!約束あったこと思い出したからさ!」


わざと明るい雰囲気で応える私


樹『あなた、今朝のことだけど』


真剣な彼の顔をどうしても直視できない


「あのさ」


彼の話を遮るように私は言った。









「やっぱ付き合うの、やめにしません?」