無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

247
2019/07/06

第2話

🥀2










健人が帰ってくるのが遅い。


















まぁ仕事だから仕方ないよ?でもさ…


















さすがに遅い。

















夕飯作って待ってるんだけどな、

















健人 「ただいま…って、テーブルにうつ伏せで寝てるし…」


















嘘、本当は寝たフリ (笑)

















健人 「…」

















さすがにバレたかな…

















なんて思っていたら静かなリビングにリップ音が聞こえ、

















頬に少し温かく、柔らかいものが当たっている感触があった。
















健人 「いつもこんな遅くまで待たせてごめんね、ベッドで先に寝てていいって言ってるのに。」




















気付いて…ない?





















そして健人は私の体を起こしてベッドまでお姫様抱っこで運び、
















そのまま寝かせた。
















少し小さいけど、リビングからは

















健人 「今日もうまっ」


















なんて声が聞こえた。